数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomalエルミート行列(0) | Nomal【大学数学】貨幣需要関数(0) | Nomal陰関数(0) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(6) | Nomal統計学(0) | Nomalベクトル空間(0) | Nomal複素数の三角不等式(引き算)(2) | Nomal微分の問題(0) | Nomal体積(1) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(z=x+rとおく方法)(1) | Nomal微分可能(2) | Nomalチェビシェフ 偏差値(0) | Nomal線形代数(1) | Nomal複素積分(2) | Nomalテイラー展開(2) | Nomal線形変換(1) | Nomal大学数学 線形代数 部分空間の証明(0) | Nomal証明問題(1) | Nomal一次結合と一次独立(0) | Nomal証明問題です(0) | Nomalz^5 = -1 を解く(2) | Nomal空間上の点(2) | Nomal複素関数の部分分数分解(4) | Nomal熱力学の本に出てくる式変形がわかりません。(0) | Nomalピタゴラス数の求め方(0) | Nomal二項定理を使ったピタゴラスの定理の証明(0) | Nomal二項定理を使ったフェルマーの最終定理の証明(0) | Nomal2次方程式(3) | Nomal数学A 図形の計算(0) | Nomalある式の微分における式変形について(2) | Nomal3次元空間の点(2) | Nomal線形代数」(0) | Nomal統計学の問題(0) | Nomal自然対数 e について(3) | Nomal1/(z^2-1) を z = 1 でローラン展開する。(2) | Nomal無限等比級数について(2) | Nomalcosの不等式(2) | Nomal品質の服(0) | Nomal複素平面上の円(2) | Nomal積分の解き方について(0) | Nomal期待値(2) | Nomal3の個数(7) | Nomal複素数の関数(5) | Nomal分数関数の積分(2) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomalベクトルについて。(0) | Nomalベクトル解析(1) | Nomal線形代数 証明(0) | Nomalベクトル解析のスカラー場について(2) | Nomalフーリエ展開とフーリエ変換(0) | Nomal加速度の次元と速度の次元(1) | Nomal弘前大学 2010年度 理系 過去問です。(1) | Nomal第2可算公理(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明9(25) | Nomal線形代数(0) | Nomal確率論 幾何分布(0) | Nomal大学数学 確率論(0) | Nomal線形代数 行列(0) | Nomal無限和(2) | Nomal大学一年 線形代数(1) | Nomal大学で出された行列の課題がわかりません。(1) | Nomal広義積分(0) | Nomal 至急この問題を解説していただきたいです(0) | Nomal有理数(1) | Nomal論理関数(0) | Nomal正規分布(0) | Nomal問題を解いた物を送ってください(0) | Nomal陰関数の問題(0) | Nomal最小費用流問題(0) | Nomalこの問題分かりません(0) | Nomal整数解(2) | Nomal数列の一般項(2) | Nomal統計学 二項分布(0) | Nomal連立微分方程式(1) | Nomal連立方程式(3) | Nomal全ての 整数解 等(0) | Nomal解析学(2) | Nomal行列のn乗(1) | Nomal色々な方法 で(0) | Nomal初期値問題(1) | Nomal解析学(1) | Nomal統計学 確率密度関数 分布関数 確率(0) | Nomal統計学についての質問(3) | Nomal対数尤度関数について!(0) | Nomal関数について(0) | Nomal最小公倍数とはちがいますが。。(2) | Nomal論理を教えて下さい(12) | Nomal三次方程式(2) | Nomal消火栓からの流量を何立米/sにしたら良いのでしようか?水理学、流体力学(2) | Nomal線形代数(0) | Nomal極限(0) | Nomalボルスク・ウラムの定理の証明(0) | Nomalなぜ2乗? 内積の意味は??(4) | Nomal素数(0) | Nomalデルタ関数に関する問題(0) | Nomal正三角形と半円(2) | Nomal不等式(2) | Nomal漸化式(0) | Nomal確率における情報(17) | Nomal統計学の質問(0) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■47650 / 親記事)  反転
□投稿者/ im 一般人(1回)-(2016/04/26(Tue) 04:21:44)
    直線 3*x+4*y=1 の F (x, y) = (x/(x^2 + y^2), -(y/(x^2 + y^2))) による像をお願いします [w = 1/z]
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■47646 / 親記事)  数学的帰納法
□投稿者/ N 一般人(3回)-(2016/04/25(Mon) 19:10:13)
    正の数a,b,x,yを考える。a+b=1ならば、すべての自然数nにたいして不等式
    (ax+by)^n≦ax^n+by^nが成り立つことを証明せよ

    先日やり方を教えていただいたんですが後日学校で教わったやりかたでやってみて少しわからないところがあったんで教えてください

    「(ax+by)^n≦ax^n+by^n……@ が成り立つことを証明す
     n=1のとき、@の
     右辺=ax+by、左辺=ax+by
     で@(の等号)が成り立つ。

     n=kのとき@が成り立つと仮定すると、
     (ax+by)^k≦ax^k+by^k
     両辺にax+by=(1-b)x+(1-a)yをかけると、
      左辺=(ax+by)^(k+1)
     右辺=(ax^k+by^k){(1-b)x+(1-a)y}
      =ax^(k+1)-abx^(k+1)+by^(k+1)-aby^(k+1)
      =ax^(k+1)+by^(k+1)-ab(x^(k+1)+y^(k+1))
      <ax^(k+1)+by^(k+1)
     で、n=k+1のときも@が成り立つ。
      数学的帰納法により@がすべての自然数nで成り立つ。」

    この証明の下から4行目と3行目の
      =ax^(k+1)+by^(k+1)-ab(x^(k+1)+y^(k+1))
      <ax^(k+1)+by^(k+1)この部分の<は≦と表せないですよねだとすると
      等号が成り立つように証明しなければならないと思うんですがどのようにやれ ばいいでしょう?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■47648 / ResNo.1)  Re[1]: 数学的帰納法
□投稿者/ らすかる 一般人(13回)-(2016/04/25(Mon) 21:19:22)
    2016/04/25(Mon) 21:34:08 編集(投稿者)

    n=1の時に等号が成り立っています。

    また、もし等号が成り立つ場合がなかったとしても
    ○<□が示せれば
    ○≦□も当然成り立ちますので、
    特に等号が成り立つ場合を考える必要はありません。
    つまり、等号が成り立つ場合が存在しなくても
    論理的に正しく、問題ありませんので
    「等号が成り立つように証明しなければならない」
    ということはなく、○<□が示せれば十分です。

    ただし、等号が付いていれば
    等号が成り立つ場合があるのが普通ですので、
    等号が成り立つ場合が見当たらなければ
    証明を見直した方が良いかも知れませんね。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47649 / ResNo.2)  Re[2]: 数学的帰納法
□投稿者/ N 一般人(4回)-(2016/04/25(Mon) 22:11:12)
    回答ありがとうございました
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■47647 / 親記事)  最短
□投稿者/ m 一般人(1回)-(2016/04/25(Mon) 19:35:36)
    二つの半直線OxとOyが与えられ
    そのなす角の内部に点Pが与えられたとします。
    Pを通る直線を描き、Oxとの交点をA、Oyとの交点をBとします。
    Ox=x軸 ,OY={(x,y)|y=k*x}, P=(a,b)とする。
    ABが最小なる直線AB を 求めて下さい;

引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■47626 / 親記事)  三重積分
□投稿者/ ライカー 一般人(1回)-(2016/04/16(Sat) 08:01:53)
    三重積分の問題です。

     &#8749;v dxdydz (v: 0≦y+z≦1、0≦z+x≦1、0≦x+y≦1))

    図を描いて三角錐の体積の公式を利用して単純に求めると、1/6になると思うのですが、答えは1/2になるようです。

    求め方がわかりません。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■47627 / ResNo.1)  Re[1]: 三重積分
□投稿者/ ライカー 一般人(2回)-(2016/04/16(Sat) 12:54:26)
    変数変換で求めたら、1/2になりました。

    通常の方法では、どのように求めたら良いのでしょうか。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47631 / ResNo.2)  Re[2]: 三重積分
□投稿者/ らすかる 一般人(8回)-(2016/04/16(Sat) 15:45:11)
    「通常の方法」はわかりませんが、図を描いて求めると
    底面が斜辺√2の直角二等辺三角形、
    高さが1/2の三角錐6個に分けられますので
    1/2×1/2×1/3×6=1/2
    となりますね。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47644 / ResNo.3)  Re[3]: 三重積分
□投稿者/ ライカー 一般人(3回)-(2016/04/24(Sun) 11:05:45)
    No47631に返信(らすかるさんの記事)
    > 「通常の方法」はわかりませんが、図を描いて求めると
    > 底面が斜辺√2の直角二等辺三角形、
    > 高さが1/2の三角錐6個に分けられますので
    > 1/2×1/2×1/3×6=1/2
    > となりますね。
    >
     ありがとうございました。もう少し考えてみます。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■47643 / 親記事)  二等辺三角形
□投稿者/ d 一般人(2回)-(2016/04/22(Fri) 14:55:17)
引用返信/返信 [メール受信/OFF]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター