数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate互いに素(1) | UpDateベクトルについて。(1) | UpDate二次方程式について。(1) | UpDate図形について。(1) | UpDate埋め(1) | Nomalベクトル(1) | Nomal極値(1) | Nomal極値(1) | Nomal代数学の問題(1) | Nomal位相空間の問題(1) | Nomal剰余の定理について。(1) | Nomal積分計算(2) | Nomal広義積分の質問(4) | Nomal積分範囲の極限(2) | Nomal複素数計算(2) | Nomal複素数の実部と虚部の分け方がわかりません(3) | Nomal(削除)(0) | Nomal正接の値(2) | Nomal積分に関する質問(1) | Nomal順列(6) | Nomal確率(1) | Nomal直線の通過領域(1) | Nomal場合の数(3) | Nomal数学検定2級について。(0) | Nomal二次関数について。(4) | Nomal円(5) | Nomal円順列(2) | Nomal不等式(4) | Nomal複素数(1) | Nomal待ち行列(0) | Nomal模範解答の解説お願いします(1) | Nomal三角関数(1) | Nomal確率(1) | NomalP(a,b,c) = P(c|b) * P(b|a) 成立条件?(0) | Nomal確率統計についてです(0) | Nomal不等式(4) | Nomal自然数の和と倍数の性質(0) | Nomal円環(3) | Nomal模範解答の解説お願いします(0) | Nomal三角関数(1) | Nomal微分(2) | Nomal√3 v.s. √-3(2) | Nomal多項式の解と係数(0) | Nomal有理数と整数(2) | Nomal曲線の長さ(1) | Nomal数的推理(3) | Nomal数的推理(2) | Nomal連立(1) | Nomal接する(0) | Nomal複素数(3) | Nomal2階導関数・第2次導関数(0) | Nomal微分(1) | Nomal数学では循環する定義・公理は許されていますか(1) | Nomal実数解の取り得る値の範囲(2) | Nomalベクトルについて。(0) | Nomalクロム ハーツ 首饰 コピー(0) | Nomalベクトル場の問題(0) | Nomal自然数の謎(4) | Nomalバルビエの定理証明(1) | Nomal三角形(0) | Nomal数列(8) | Nomal整式について。(0) | Nomal確率について。(0) | Nomal直線と三角形(1) | Nomal2変数関数(1) | Nomal平行四辺形(2) | Nomal計算量について(1) | Nomal昔の東大模試の数列(2) | Nomal準同型写像(3) | Nomal互いに素(2) | Nomal数列の最大項(1) | Nomal数列とmod(2) | Nomal数列とmod(7) | Nomal2^(1/3)-1(0) | Nomalどう並べ替えても一部を取り出しても素数(5) | Nomal漸化式(10) | Nomal数と式(2) | Nomal不等式(2) | Nomal放物線と円(3) | Nomal四角形(3) | Nomal平方数の和(mod p)、個数(0) | Nomal複素数の計算(4) | Nomal調和級数(0) | Nomalcos方程式(0) | Nomal整数の方程式(4) | Nomalガンマ関数(0) | Nomal場合の数について。(0) | Nomalコンパクトである事の証明が(1) | Nomal(1/4)(3:4:5)(2) | Nomal漸化式(6) | Nomal等比数列の問題です(4) | Nomal3次方程式(6) | Nomal漸化式と極限(2) | Nomal互いに素?(4) | Nomal(削除)(5) | Nomalなぜy軸対称となるのかが理解できません。(2) | Nomal(削除)(2) | Nomal多項式の決定(1) | Nomal場合の数について。(1) | Nomal連結集合のはなし(1) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■48452 / 親記事)  
□投稿者/ waka 一般人(2回)-(2018/06/06(Wed) 15:28:05)
    いつもありがとうございます。

     2017慶応薬学部の〔1〕(2)(A)の問題です。
     接線ℓを求めるところですが、円O上の接点を(x_1,y_1)とおいてx_1x+y_1y=9…@ の式ができ、次に円C の中心との距離が2を使って解くことは分かるのですが、点と直線との距離公式で絶対値の中が負と判断して解答が作られています。どうして負と分かるのですか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■48453 / ResNo.1)  Re[1]: 円
□投稿者/ らすかる 一般人(4回)-(2018/06/06(Wed) 15:51:09)
    それだけ書かれてもわかりませんので
    解答を書いてもらえませんか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48454 / ResNo.2)  Re[2]: 円
□投稿者/ waka 一般人(3回)-(2018/06/07(Thu) 10:56:07)
    すみませんでした。
    模範解答は下のように書いてあります。

     接線&#8467;と円Oとの接点を(x_1,y_1)(y_1<0)とすると、&#8467;の方程式はx_1x+y_1y=9となる。
    これが円Cにも接するので
       |5√2x_1+0y_1-9|/√(x_1^2+y_1^2) =2
    ここで円Cの中心Cはx_1x+y_1y-9<0…@を満たす領域にあるので
       5√2x_1+0y_1-9<0…A
    であり,・・・・・・・・

     この
      「円Cの中心Cはx_1x+y_1y-9<0…@を満たす領域にあるので
         5√2x_1+0y_1-9<0…A
       」のところがよくわかりません。
      よろしくお願いします。 

     
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48455 / ResNo.3)  Re[3]: 円
□投稿者/ らすかる 一般人(5回)-(2018/06/07(Thu) 12:39:54)
    問題も書いてもらえませんか?
    解答から
    円Oはx^2+y^2=9
    円Cは(x-5√2)^2+y^2=4
    と推測できるのですが、
    「接線&#8467;」の条件がわかりません。
    しかも↑これが文字化けして読めません。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48456 / ResNo.4)  Re[4]: 円
□投稿者/ waka 一般人(4回)-(2018/06/08(Fri) 18:00:44)
    何度もすみません。
    問題は以下の通りです。
    「xy平面に円O: x^2+y^2=9と円C: (x-5√2)^2=4, 点(a,a)を中心とする円Pがある。円Oは円Pに内接し、円Cは円Pに外接する。また、円Oと円Cの共通接線のうち、2つの接点のy座標がいずれも負となるものを接線lとする。ただし、aはa>0とする。」

    また、文字化けのところ「接線&#8467」は「接線l」です。

    よろしくお願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48457 / ResNo.5)  Re[5]: 円
□投稿者/ らすかる 一般人(6回)-(2018/06/08(Fri) 18:51:33)
    直線x1x+y1y-9=0はy=…に直すと
    y=-(x1/y1)x+9/y1 となりますね。
    y>-(x1/y1)x+9/y1 はこの直線の上側の領域、
    y<-(x1/y1)x+9/y1 はこの直線の下側の領域というのは
    大丈夫ですよね?
    条件から、この接線は円Cの中心より下にあります。
    ということは円Cの中心はこの接線より上側にありますので
    領域y>-(x1/y1)x+9/y1の中にありますね。
    両辺にy1(<0)を掛けて
    y1y<-x1x+9
    つまりx1x+y1y-9<0
    となり、円Cの中心(x,y)はx1x+y1y-9<0を満たす領域にあるわけですから
    (5√2)x1+0y1-9<0となります。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48449 / 親記事)  円順列
□投稿者/ waka 一般人(1回)-(2018/05/30(Wed) 20:37:59)
    お願いします。
    白1個、赤2個、青4個の円順列で(7-1)!/(2!4!) で15通りあるのは分かるのですが、実際に絵を書いてみたのですが1つだけ見つかりません。
     「WRRBBBB」のように15通り書いてもらえませんか。よろしくお願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■48450 / ResNo.1)  Re[1]: 円順列
□投稿者/ らすかる 一般人(2回)-(2018/05/30(Wed) 21:37:11)
    WBBBBRR
    WBBBRBR
    WBBBRRB
    WBBRBBR
    WBBRBRB
    WBBRRBB
    WBRBBBR
    WBRBBRB
    WBRBRBB
    WBRRBBB
    WRBBBBR
    WRBBBRB
    WRBBRBB
    WRBRBBB
    WRRBBBB
    で15通りです。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48451 / ResNo.2)  Re[2]: 円順列
□投稿者/ らすかる 一般人(3回)-(2018/05/30(Wed) 21:39:28)
    BとRが似てて見づらいですね。
    W→★、B→○、R→●とすると以下のように見やすくなります。
    ★○○○○●●
    ★○○○●○●
    ★○○○●●○
    ★○○●○○●
    ★○○●○●○
    ★○○●●○○
    ★○●○○○●
    ★○●○○●○
    ★○●○●○○
    ★○●●○○○
    ★●○○○○●
    ★●○○○●○
    ★●○○●○○
    ★●○●○○○
    ★●●○○○○

引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48439 / 親記事)  不等式
□投稿者/ 掛け流し 一般人(1回)-(2018/05/02(Wed) 00:04:20)
    次の不等式を証明してください。

    a^4 + b^4 + c^4 + d^4 >= 4abcd

    よろしくお願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■48440 / ResNo.1)  Re[1]: 不等式
□投稿者/ らすかる 一般人(1回)-(2018/05/02(Wed) 02:43:46)
    a^4+b^4+c^4+d^4-4abcd
    ={(a^2-b^2)^2+(a^2-c^2)^2+(a^2-d^2)^2+(b^2-c^2)^2+(b^2-d^2)^2+(c^2-d^2)^2
     +2(ab-cd)^2+2(ac-bd)^2+2(ad-bc)^2}/3≧0 なので
    a^4+b^4+c^4+d^4≧4abcd

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48441 / ResNo.2)  Re[1]: 不等式
□投稿者/ WIZ 一般人(1回)-(2018/05/02(Wed) 07:37:48)
    別解

    べき乗演算子^は四則演算より優先度が高いものとします。
    a, b, c, dは実数と解釈して回答します。

    相加平均と相乗平均の大小関係を応用します。

    a^4-2(a^2)(b^2)+b^4 = (a^2-b^2)^2 ≧ 0
    c^4-2(c^2)(d^2)+d^4 = (c^2-d^2)^2 ≧ 0
    ですから、
    a^4+b^4+c^4+d^4 ≧ 2(a^2)(b^2)+2(c^2)(d^2)・・・・・(1)

    同様に
    (a^2)(b^2)-2abcd+(c^2)(d^2) = (ab-cd)^2 ≧ 0
    ですから、
    (a^2)(b^2)+(c^2)(d^2) ≧ 2abcd・・・・・(2)

    (1)(2)より、
    a^4+b^4+c^4+d^4 ≧ 2(a^2)(b^2)+2(c^2)(d^2) ≧ 2*2abcd = 4abcd
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48442 / ResNo.3)  Re[2]: 不等式
□投稿者/ 掛け流し 一般人(2回)-(2018/05/02(Wed) 22:17:25)
    らすかる様 ご教授ありがとうございました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48443 / ResNo.4)  Re[2]: 不等式
□投稿者/ 掛け流し 一般人(3回)-(2018/05/02(Wed) 22:18:56)
    WIZ様 ご教授ありがとうございました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48434 / 親記事)  複素数
□投稿者/ 逆行 一般人(1回)-(2018/04/07(Sat) 09:02:34)
    zは複素数でz=tan(z)を満たしている。
    このときzは実数である。

    これの証明を教えて下さい。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■48438 / ResNo.1)  Re[1]: 複素数
□投稿者/ & 一般人(1回)-(2018/04/28(Sat) 15:17:35)
    No48434に返信(逆行さんの記事)
    > zは複素数でz=tan(z)を満たしている。
    > このときzは実数である。
    >
    > これの証明を教えて下さい。



    から題意を満たすzは




    とz=0. 題意を満たすzは明らかに実数。


引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■48435 / 親記事)  待ち行列
□投稿者/ 名有り 一般人(1回)-(2018/04/10(Tue) 20:12:43)
    1名の店員のレジ、1時間あたり40人の客が訪れるのに対し処理できる人数は1時間にμ人である

    1.1時間あたりλ人の客が注文に訪れ、店員は1時間あたりμ人の処理が可能であるという状況では、注文中を含め商品注文のためにn人の客が待っている確率は以下である
    Pn=(1-λ/μ)(λ/μ)^n (n>=0)
    このとき上記の式が確率になるためのμの条件を示せ

    2.小問1で得た条件の下、以下の関係を満たすことを示せ
    Σ0→∞ Pn=1

    3.上記の不等式を満たす最小のμの中で5の倍数となる値を求めよ

    4.店を訪れた客が注文を開始するまでの平均時間Wqは
    Wq=(λ/μ)/{λ(1-λ/μ)}
    で与えられることが知られている、小問2で求めたμの下、平均時間はどれくらいになるか、単位を分にして回答せよ
引用返信/返信 [メール受信/OFF]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター