数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明9(15) | Nomal期待値(0) | Nomalジャンケンポン(0) | Nomal1次分数関数(0) | Nomal三次関数と長方形(4) | Nomalx^3 + y^3 + z^3 = w^3(1) | Nomalコンデンサー回路(1) | Nomal屑スレを下げるための問題(4) | Nomaltan(1)(ラディアン) は有理数か(0) | Nomalラプラス変換 vs 演算子法(0) | Nomal有理数解を持たない三次方程式(0) | Nomal円柱の表面積(1) | Nomal三段論法(1) | Nomalド・モルガンの法則(0) | Nomal簡単な微分方程式(0) | Nomal3次関数について。(8) | Nomal必要十分条件の証明(3) | Nomal6÷2×3 = 9(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明8(74) | Nomal合コン(4) | Nomal基本的な確率(2) | Nomal同型写像(0) | Nomal正2n角形と確率(4) | Nomal中学生でも解けそうな入試問題001(1) | Nomalご教示ください(5) | Nomal階段行列の作り方(4) | Nomal統計学の問題です(0) | Nomal3の倍数(4) | Nomalラプラス方程式 境界条件(0) | Nomal対偶について(8) | Nomal偶数と奇数(8) | Nomalsinの関係(2) | Nomal2^(1/3)とωと√3(4) | Nomal supreme コート(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明7(101) | Nomal目的の形への行列の三角化(2) | Nomal(削除)(2) | Nomal等角写像の問題です。(2) | Nomal掲示板について。(1) | Nomalフェルマーの定理 RSA暗号(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明6(101) | Nomalオイラーの公式(3) | Nomalグッチンコピー(0) | Nomal6次方程式(2) | Nomalベクトル解析 証明(0) | Nomal位相数学、位相空間(0) | Nomal実生活に活きる確率(0) | Nomalオイラーの公式 導関数の定義(2) | Nomalオイラーの公式(3) | Nomal2階常微分方程式 (1) | Nomalオイラーの公式(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明5(101) | Nomal数学について。(1) | Nomal順列(4) | Nomal線形代数(1) | Nomal整数問題(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明4(101) | Nomal大小の比較(7) | Nomalシミュレーションについて(1) | Nomal期待値(2) | Nomal数学について。(1) | Nomalフーリエ変換の求め方(1) | Nomalisometric matrix,p-ノルムについて(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明3(76) | Nomald(cos^2θ)/dθ=と置けるような相似の図を見つけたいです!(0) | Nomal1/ cos^2θの微分を画像の図を用いて解きたい!(0) | Nomalラグランジュの剰余項(1) | Nomallog2とマクローリン展開についての証明(1) | Nomal極限を求める(大学数学)(1) | Nomal三角方程式(2) | Nomal確率密度(2) | Nomal方程式(2) | Nomal多項式の係数(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明2(101) | Nomal複素平面上の領域について(0) | Nomal数学検定について。(0) | Nomal複素解析(2) | Nomal定積分と体積(1) | Nomal極限値(3) | Nomal複素解析(7) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明(101) | Nomal高校推論の問題(1) | Nomal漸化式の項を減らす(4) | Nomalカーリングの7試合とは(4) | Nomal(削除)(3) | Nomalたぶん三角関数の等式(6) | Nomal確率、期待値の計算(0) | Nomal数学オリンピックの幾何の問題(2) | Nomal確率について。(1) | Nomal自然数の方程式(2) | Nomal単調増加数列(2) | Nomal数学について。(1) | Nomal平面図形について。(2) | Nomal平面図形について。(1) | Nomal確率について。(4) | Nomal確率について。(1) | Nomal確率について。(4) | Nomal確率について。(2) | Nomal統計について。(4) | Nomal整数解(1) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■49557 / 親記事)  整数問題
□投稿者/ あやか 一般人(1回)-(2019/07/07(Sun) 12:56:43)
    全然分からないので教えてください…
2048×712 => 250×86

image.jpeg
/196KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■49558 / ResNo.1)  Re[1]: 整数問題
□投稿者/ nakaiti 一般人(46回)-(2019/07/07(Sun) 17:55:42)
    まず重要なことは が成り立つことです。

    (1)は素直に加法定理を使います。

    なので求める すなわち を満たすことがわかります。これを変形して

    となるので も合わせると つまり のみが解になることがわかります。

    (2)は(1)と同じようにはいきません。まず が成り立つことがわかるので であることがわかります。よって となることと同値です。
    一方 より なので が成り立つことがわかります。 なのでこれは と同値です。

    加法定理を使って計算してみると なので がわかります。よって のみが候補であることがわかったので、それぞれに対して を(1)と同じ要領で解けば答えが得られます。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■49419 / 親記事)  フェルマーの最終定理の簡単な証明4
□投稿者/ 日高 軍団(137回)-(2019/06/11(Tue) 11:59:48)
    どなたかご指摘いただけないでしょうか。
1240×1754 => 177×250

7_p001.png
/43KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス101件(ResNo.97-101 表示)]
■49532 / ResNo.97)  Re[73]: フェルマーの最終定理の簡単な証明4
□投稿者/ nakaiti 一般人(41回)-(2019/07/04(Thu) 18:42:31)
    > もし、タイプ1の、x,y,zが、無理数で、x:y:zが整数比となるならば、
    > x,y,zが、有理数で、x:y:zが整数比となる場合が、「ある」ということになります。

    この証明が必要です
    この2行目の x,y,z はどういう有理数かも明らかにして証明してください(例えばタイプ1の解ですか?タイプ2の解ですか?)
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49533 / ResNo.98)  Re[74]: フェルマーの最終定理の簡単な証明4
□投稿者/ 日高 ファミリー(187回)-(2019/07/04(Thu) 19:31:36)
    No49532に返信(nakaitiさんの記事)
    > > もし、タイプ1の、x,y,zが、無理数で、x:y:zが整数比となるならば、
    >>x,y,zが、有理数で、x:y:zが整数比となる場合が、「ある」ということになります。
    >
    > この証明が必要です
    > この2行目の x,y,z はどういう有理数かも明らかにして証明してください(例えばタイプ1の解ですか?タイプ2の解ですか?)

    タイプ1の解です。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49534 / ResNo.99)  Re[75]: フェルマーの最終定理の簡単な証明4
□投稿者/ nakaiti 一般人(42回)-(2019/07/04(Thu) 19:49:38)
    No49533に返信(日高さんの記事)
    > ■No49532に返信(nakaitiさんの記事)
    >> > もし、タイプ1の、x,y,zが、無理数で、x:y:zが整数比となるならば、
    > >>x,y,zが、有理数で、x:y:zが整数比となる場合が、「ある」ということになります。
    >>
    >>この証明が必要です
    >>この2行目の x,y,z はどういう有理数かも明らかにして証明してください(例えばタイプ1の解ですか?タイプ2の解ですか?)
    >
    > タイプ1の解です。
    >

    証明をお願いします
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49535 / ResNo.100)  Re[76]: フェルマーの最終定理の簡単な証明4
□投稿者/ 日高 ファミリー(188回)-(2019/07/04(Thu) 21:30:54)
    No49534に返信(nakaitiさんの記事)

    >もし、タイプ1の、x,y,zが、無理数で、x:y:zが整数比となるならば、
    >x,y,zが、有理数で、x:y:zが整数比となる場合が、「ある」ということになります。

    >この証明が必要です
    >この2行目の x,y,z はどういう有理数かも明らかにして証明してください(例えばタイプ1の解ですか?タイプ2の解ですか?)
    >
    >タイプ1の解です。

    eは無理数、x,y,は有理数、f=p^{1/(p-1)}とする。X=ex,Y=ey,Z=e(x+f)
    X,Y,Zは無理数とする。

    (ex)^p+(ey)^p=(ex+ef)^pが成り立つと仮定する。
    両辺をe^pで割ると、x^p+y^p=(x+f)^p…タイプ1 となる。
    (ex)^p+(ey)^p=(ex+ef)^pが成り立つならば、タイプ1も成り立つことになる。

    タイプ1は、成り立たないので、X^p+Y^p=Z^pも、成り立たない。













引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49536 / ResNo.101)  Re[3]: フェルマーの最終定理の簡単な証明4
□投稿者/ 偽日高 一般人(2回)-(2019/07/05(Fri) 00:20:24)
    だいたい、
    タイプ1 x^p+y^p=(x+p^{1/(p-1)}^p
    タイプ2 x^p+y^p=(x+(pa)^{1/(p-1)})^p
    を満たすx,yについて有理数かどうかとかを議論しているのに、関係ないzを持ち出すのが「的外れな発言」だね。zを持ち出さずに、

    タイプ1の無理数解x,yで比x/yが有理数とならないものは、存在しない。

    を示せないなら、二度と投稿やめてしまえ。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-29] [30-39] [40-49] [50-59] [60-69] [70-79] [80-89] [90-99] [100-101]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■49494 / 親記事)  大小の比較
□投稿者/ lim-0 一般人(1回)-(2019/06/29(Sat) 18:15:42)
    わからないのでご助言お願いします。
1280×720 => 250×140

1561799742.jpg
/41KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス7件(ResNo.3-7 表示)]
■49498 / ResNo.3)  Re[3]: 大小の比較
□投稿者/ らすかる 一般人(22回)-(2019/06/30(Sun) 00:43:51)
    「『n=5のときの』相加・相乗平均」というのはどういう意味ですか?
    nに5を代入して比較しても意味がないと思うのですが。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49499 / ResNo.4)  Re[3]: 大小の比較
□投稿者/ らすかる 一般人(23回)-(2019/06/30(Sun) 00:56:39)
    もし「n=5のときの」が「5数の」の間違いならば
    {1+1+1+1+(1-1/n)}/5≧[5]√{1・1・1・1・(1-1/n)}
    等号成立条件は1=1=1=1=1-1/nのときだがこれは成り立たない。
    またこの式は1-1/n=0のときも明らかに成り立つ。
    1-1/(5n)>[5]√(1-1/n)
    1-[5]√(1-1/n)>1/(5n)
    ∴b>c
    {1+1+1+1+(1+1/n)}/5≧[5]√{1・1・1・1・(1+1/n)}
    等号成立条件は1=1=1=1=1+1/nのときだがこれは成り立たない。
    1+1/(5n)>[5]√(1+1/n)
    1/(5n)>[5]√(1+1/n)-1
    ∴c>a
    よってb>c>a

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49502 / ResNo.5)  Re[4]: 大小の比較
□投稿者/ lim-0 一般人(3回)-(2019/07/01(Mon) 00:41:03)
    n=5なのでnに5を代入した数です。
    つまり
    a=[5]√(1+1/5) - 1, b=1 - [5]√(1-1/5), c=1/25
    の時の比較をすることです。
    なぜ意味がないのかおしえて頂きたいです。
    よろしくお願いします。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49503 / ResNo.6)  Re[5]: 大小の比較
□投稿者/ らすかる 一般人(24回)-(2019/07/01(Mon) 00:58:10)
    2019/07/01(Mon) 03:33:46 編集(投稿者)

    問題文は「nが自然数のときの大きさを比較せよ」であって、
    「n=5のときの大きさを比較せよ」ではありません。
    n=5を代入して相加・相乗平均を使っても、
    n=5のときの大きさの比較しかできませんし、
    それにn=5のときに「普通の」相加・相乗平均の式
    (a+b)/2≧√(ab)を使ってもおそらく解けません。
    第一、n=5の場合だけ比較すればよいのであれば、
    問題が最初から
     a=[5]√(1+1/5) - 1, b=1 - [5]√(1-1/5), c=1/25
     の大きさを比較せよ
    となっているはずです。

    5という数が5乗根の5とも合っていますので、
    「n=5のときの相加・相乗平均」というのはおそらく
    一般の相加相乗平均の式
    (Σ[k=1〜n]a[k])/n≧(Π[k=1〜n]a[k])^(1/n)
    で「n=5の場合」、すなわち5変数の相加相乗平均のことを
    言っているものと思います。
    実際、そのように解釈すれば
    私が49499に書いたように
    5変数の相加相乗平均の式を使って
    一般のnに対して大きさの比較が正しくかつ簡潔にできます。

    # このレベルの問題不備は入試問題ではあり得ませんので、
    # 先生あたりが作った問題ではないかと思いますが、
    # この問題を出される前に「n変数の相加相乗平均の式」を
    # 習ったのではありませんか?
    # もしそうなら、合点がいきます。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49504 / ResNo.7)  Re[1]: 大小の比較
□投稿者/ だいきち 一般人(1回)-(2019/07/01(Mon) 08:44:21)
    らすかるさんが全て正しいのでダメ押しですが...

    この問題の出展は2002年名古屋大学文系の入試問題で、
    原文には
    (n=5のときの相加・相乗平均を用いよ。)
    なんてありません。
    ヒントを付け加えた人がうっかりさんで
    不注意に「n=5」なんて書いただけです。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-7]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■49473 / 親記事)  シミュレーションについて
□投稿者/ toto 一般人(1回)-(2019/06/25(Tue) 10:54:33)
    初めての投稿です。
    質問)
    ある投資額に対する日毎の「回収率」データが数千件あります。
    (概ねその値は「0〜10」の範囲内にあります)
    このデータを基に、投資パターンを決めるシミュレーションを検討しています。

    ※シミュレーションは200個のデータで行いたいと考えています
    ※過去の回収率の統計量?(平均、分散等)は変わらず、日付は無関係とします
    ※度数グラフから、正規分布や指数分布といった理論分布を当てはめるのは
     適当ではないと考えています

    以上の制約下で次の方法のどちらがより「数学的」に妥当と考えられるでしょうか?
    方法1
     過去データをランダムに並び替え、そこから200個のデータを取出す
    方法2
     過去データを例えば「0.1」刻みの度数表に表し、そのカウント数を換算した
     度数表を作成(*)、その度数表からランダムに200個のデータを作成する
     *過去データが1000個で「1.4-1.5」の範囲に150個ある場合、換算度数表では
      30個となる(=150/1000*200)

    よろしくお願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■49478 / ResNo.1)  Re[1]: シミュレーションについて
□投稿者/ toto 一般人(2回)-(2019/06/26(Wed) 10:29:42)
    別途、検討します
解決済み!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■49399 / 親記事)  期待値
□投稿者/ 確率勉強中 一般人(1回)-(2019/05/31(Fri) 14:55:00)
    1から6の目が等確率で出るさいころを2回投げて
    1回目に出た目をp、2回目に出た目をqとして
    xの多項式{(x-p)(x-q)}^2=x^4+ax^3+bx^2+cx+d
    における係数a,b,c,dの期待値をA,B,C,Dとします。
    多項式x^4+Ax^3+Bx^2+Cx+Dが、ある二次式の平方であることは
    当たり前でしょうか?それとも証明の必要なことなのでしょうか?

    よろしくお願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■49400 / ResNo.1)  Re[1]: 期待値
□投稿者/ らすかる 一般人(20回)-(2019/05/31(Fri) 15:29:23)
    例えば1回目は5までしかないさいころ、2回目は6までのさいころとして
    同じことをすると二次式の平方になりませんので、
    当たり前とは言えないと思います。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49437 / ResNo.2)  Re[2]: 期待値
□投稿者/ 確率勉強中 一般人(2回)-(2019/06/15(Sat) 13:25:30)
    有り難うございます
    頭が柔らかいですね
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター