数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomalベクトルについて。(1) | Nomal複素関数(0) | Nomal三角関数の面積(2) | Nomal二次方程式の標準形への変換(1) | Nomal等式(3) | Nomal自然数の逆数和(1) | Nomal五角形(2) | Nomal極限(0) | Nomal桁数(1) | Nomal対数不等式(2) | Nomal三角関数(2) | Nomal不等式(2) | Nomal三次方程式(5) | Nomal数列(0) | Nomal複素級数のコーシー積(6) | Nomal統計学(1) | Nomal確率(2) | Nomal三次方程式の解(4) | Nomal確率(5) | Nomal確率(1) | Nomal接する(2) | Nomal整数(0) | Nomal待ち行列(1) | Nomal放物線と接線(2) | Nomal確率(2) | Nomal直角二等辺三角形と円の共通部分(2) | Nomal一次不等式で表される領域の面積(2) | Nomal管理人さんへ(1) | Nomal判別式(2) | Nomal数列の周期と初項(2) | Nomal近似式(2) | Nomal模範解答の解説お願いします(1) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomal互いに素(1) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomal二次方程式について。(1) | Nomal図形について。(1) | Nomal埋め(1) | Nomalベクトル(1) | Nomal極値(1) | Nomal極値(1) | Nomal代数学の問題(1) | Nomal位相空間の問題(1) | Nomal剰余の定理について。(1) | Nomal積分計算(2) | Nomal広義積分の質問(4) | Nomal積分範囲の極限(2) | Nomal複素数計算(2) | Nomal複素数の実部と虚部の分け方がわかりません(3) | Nomal(削除)(0) | Nomal正接の値(2) | Nomal積分に関する質問(1) | Nomal順列(6) | Nomal確率(1) | Nomal直線の通過領域(1) | Nomal場合の数(3) | Nomal数学検定2級について。(0) | Nomal二次関数について。(4) | Nomal円(5) | Nomal円順列(2) | Nomal不等式(4) | Nomal複素数(1) | Nomal模範解答の解説お願いします(1) | Nomal三角関数(1) | Nomal確率(1) | NomalP(a,b,c) = P(c|b) * P(b|a) 成立条件?(0) | Nomal確率統計についてです(0) | Nomal不等式(4) | Nomal自然数の和と倍数の性質(0) | Nomal円環(3) | Nomal三角関数(1) | Nomal微分(2) | Nomal√3 v.s. √-3(2) | Nomal多項式の解と係数(0) | Nomal有理数と整数(2) | Nomal曲線の長さ(1) | Nomal数的推理(3) | Nomal数的推理(2) | Nomal連立(1) | Nomal複素数(3) | Nomal2階導関数・第2次導関数(0) | Nomal微分(1) | Nomal数学では循環する定義・公理は許されていますか(1) | Nomal実数解の取り得る値の範囲(2) | Nomalクロム ハーツ 首饰 コピー(0) | Nomalベクトル場の問題(0) | Nomal自然数の謎(4) | Nomalバルビエの定理証明(1) | Nomal三角形(0) | Nomal数列(8) | Nomal整式について。(0) | Nomal確率について。(0) | Nomal直線と三角形(1) | Nomal2変数関数(1) | Nomal平行四辺形(2) | Nomal計算量について(1) | Nomal昔の東大模試の数列(2) | Nomal準同型写像(3) | Nomal互いに素(2) | Nomal数列の最大項(1) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■48813 / 親記事)  統計学
□投稿者/ GGG 一般人(1回)-(2018/09/15(Sat) 17:33:00)
    統計学の問題です

    正規分布に従う母集団の平均が90であるとわかっている。この母集団のうち特定のグループから標本を10個取り出したとき、この標本の平均は88.5、分散が2.5であった。
    このグループAの平均は母集団の平均と差があると言えるか。有意水準0.05で検定したい。

    この問題で棄却域を求める方法は以下の通りで正しいのでしょうか??

    t検定を行う。
    自由度9であり、標本平均 X、不変分散 U^2、統計量 t 母平均 μとおくと


    棄却域は
    |t|>t(0.025)*(n-1)
    となり

    |(X-μ)/(√(U^2/n)| > t(0.025)*(n-1)

    |(X-90)/(√(25/90))| > 2.262*9

    20.358 < 3√10(X-90)/5 , 3√10(X-90)/5 < -20.358

    10.737 < X -90 , X-90 < -10.737

    100.737 < X , X < 79.263


    これが棄却域となり、標本の平均は88.5であり、棄却域には含まれず有意な差があるとは言えない。


    この解法で正しいのでしょうか?
    統計学が難しくてなかなか理解できません。
    統計学に精通されている方、どうかご教授ください。
    よろしくお願い致します。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■48819 / ResNo.1)  Re[1]: 統計学
□投稿者/ 黄桃 一般人(1回)-(2018/09/16(Sun) 03:35:33)
    マルチポストしすぎでしょう。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48808 / 親記事)  確率
□投稿者/ 感謝 一般人(4回)-(2018/09/12(Wed) 18:20:41)
    表が出やすいコインが何枚かある。
    これらを一斉に投げるとき、
    表が出るコインの枚数が
    裏が出るコインの枚数以上になる確率が、
    コインの表が出る確率以上になることは
    当たり前のことでしょうか?
    それとも証明すべきことなのでしょうか?

    もし証明がいることなら、その証明を教えてほしいです。
    よろしくお願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■48809 / ResNo.1)  Re[1]: 確率
□投稿者/ らすかる 一般人(14回)-(2018/09/13(Thu) 08:26:07)
    証明すべきことだと思います。

    コインの枚数をn枚、表が出る確率をp(1/2<p<1)、
    表が出るコインの枚数の方が裏が出るコインの枚数より多い確率をq、
    表が出るコインがk枚になる確率をa[k]とすると
    a[k]=nCk・p^k・(1-p)^(n-k)
    またp>1/2から
    2p>1
    p>1-p
    ∴p/(1-p)>1

    n=2m+1(m≧1)のとき
    a[2m+1]/a[0]={p/(1-p)}^(2m+1) から a[2m+1]>a[0]・{p/(1-p)}^n>a[0]{p/(1-p)}
    同様に
    a[2m]/a[1]={p/(1-p)}^(2m-1) から a[2m]>a[1]{p/(1-p)}
    a[2m-1]/a[2]={p/(1-p)}^(2m-3) から a[2m-1]>a[2]{p/(1-p)}
    以下同様に
    a[2m-2]>a[3]{p/(1-p)}
    a[2m-3]>a[4]{p/(1-p)}
    ・・・
    a[m+2]>a[m-1]{p/(1-p)}
    a[m+1]=a[m]{p/(1-p)} (※ここだけ{p/(1-p)}^1なので等号)
    なので
    q=Σ[k=m+1〜2m+1]a[k]>Σ[k=0〜m]a[k]{p/(1-p)}=(1-q){p/(1-p)}
    q>(1-q){p/(1-p)}
    q(1-p)>(1-q)p
    q-pq>p-pq
    ∴q>p

    n=2m(m≧1)のときは上記のようにするとa[m]だけ余ることに注意して
    q=Σ[k=m〜2m]a[k]=a[m]+Σ[k=m+1〜2m]a[k]
    >a[m]+Σ[k=0〜m-1]a[k]{p/(1-p)}=a[m]+(1-q){p/(1-p)}>(1-q){p/(1-p)}
    から同様にq>p

    n=1のときはq=p

    従って表が出るコインの枚数が裏が出るコインの枚数以上になる確率は、
    コインの表が出る確率以上。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48812 / ResNo.2)  Re[2]: 確率
□投稿者/ 感謝 一般人(5回)-(2018/09/14(Fri) 20:28:35)
    当たり前のように思っていましたが、
    証明はなかなか工夫がいるのですね。
    有り難うございました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48800 / 親記事)  三次方程式の解
□投稿者/ 千利休 一般人(1回)-(2018/09/11(Tue) 19:25:31)
    aは自然数で、2^(1/3)+a^(1/3)がある整数係数の三次方程式の解となる。
    このとき、ある非負整数kを用いてa=2^kとかける。

    これって正しいですか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■48801 / ResNo.1)  Re[1]: 三次方程式の解
□投稿者/ Math 一般人(1回)-(2018/09/11(Tue) 20:44:31)
    正しくないです。

    x=2^(1/3)+108^(1/3) は x^3-18x-110=0 の解です。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48802 / ResNo.2)  Re[2]: 三次方程式の解
□投稿者/ 千利休 一般人(2回)-(2018/09/11(Tue) 20:57:00)
    なるほど・・・

    では、自然数n、非負整数kを用いて
    a=n^3*2^k
    とかける、というのは正しいですか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48807 / ResNo.3)  Re[3]: 三次方程式の解
□投稿者/ らすかる 一般人(13回)-(2018/09/12(Wed) 10:05:27)
    正しいです。

    tはn^3・2^kと表せない自然数とします。
    このとき、2^(1/3)+t^(1/3)は整数係数9次方程式
    x^9-3(t+2)x^6+3(t^2-14t+4)x^3-(t+2)^3=0の解です。
    この式の左辺はω=(-1+i√3)/2として
    (a)=x-2^(1/3)-t^(1/3)
    (b)=x-2^(1/3)ω-t^(1/3)ω^2
    (c)=x-2^(1/3)ω^2-t^(1/3)ω
    (d)=x-2^(1/3)-t^(1/3)ω
    (e)=x-2^(1/3)ω-t^(1/3)
    (f)=x-2^(1/3)ω^2-t^(1/3)ω^2
    (g)=x-2^(1/3)-t^(1/3)ω^2
    (h)=x-2^(1/3)ω-t^(1/3)ω
    (i)=x-2^(1/3)ω^2-t^(1/3)
    の9個の式の積になっています。
    2^(1/3)+t^(1/3)が整数係数三次方程式の解ならば、
    上の9個の式で(b)〜(i)のうち二つと(a)を掛け合わせて
    整数係数の多項式にならなければなりません。
    組み合わせ28通りについて全部調べてみると、
    28通りのうち積の定数項が実数になるものは
    (a)(b)(c), (a)(d)(g), (a)(e)(i), (a)(f)(h)の4組
    (このとき全係数が実数になります)となります。しかし
    (a)(b)(c)は一次の係数が-3(2t)^(1/3)
    (a)(d)(g)は二次の係数が-3・2^(1/3)
    (a)(e)(i)は二次の係数が-3・t^(1/3)
    (a)(f)(h)は定数項が-{2^(1/3)+t^(1/3)}^3
    なので、いずれも整数係数になりません。
    よって2^(1/3)+t^(1/3)が整数係数三次方程式の解になることはありません。
    従って、2^(1/3)+a^(1/3)が整数係数三次方程式の解になるならば、
    aはn^3・2^kと表せることになります。

    # a=n^3のとき(a)(e)(i)の形の三次方程式、
    # a=2n^3のとき(a)(f)(h)の形の三次方程式、
    # a=4n^3のとき(a)(b)(c)の形の三次方程式になります。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48810 / ResNo.4)  Re[4]: 三次方程式の解
□投稿者/ 千利休 一般人(3回)-(2018/09/14(Fri) 07:41:09)
    有り難うございました。
    思っていたより大変だということがよく分かりました。
解決済み!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48792 / 親記事)  確率
□投稿者/ 感謝 一般人(1回)-(2018/09/06(Thu) 12:15:44)
    表が出やすいコインが何枚かある。
    これらを一斉に投げるとき
    表が出るコインが偶数枚ある確率と
    表が出るコインが奇数枚ある確率は
    どちらの方が大きいか?

    お願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■48793 / ResNo.1)  Re[1]: 確率
□投稿者/ らすかる 一般人(10回)-(2018/09/06(Thu) 15:54:16)
    全体が偶数枚なら偶数枚になる確率の方が高く、
    全体が奇数枚なら奇数枚になる確率の方が高い。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48797 / ResNo.2)  Re[1]: 確率
□投稿者/ 感謝 一般人(2回)-(2018/09/10(Mon) 11:40:05)
    有り難うございます。

    それは直感的に分かることなのでしょうか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48798 / ResNo.3)  Re[2]: 確率
□投稿者/ らすかる 一般人(11回)-(2018/09/10(Mon) 14:17:04)
    全体が1枚のとき明らかに奇数枚になる確率が高いですね。
    表が出る確率をp(>1/2)、全体がn枚のときに
    表の枚数の偶奇がnと同じである確率をq(>1/2)とすると、
    それに1枚追加して全体をn+1枚にしたとき、
    追加した1枚が表になる確率はpなので
    表の枚数の偶奇がn+1と同じになる確率は
    pq+(1-p)(1-q)={(2p-1)(2q-1)+1}/2>1/2
    よって数学的帰納法により全体の枚数と表の枚数の偶奇が
    同じになる確率は1/2より大きくなります。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48799 / ResNo.4)  Re[1]: 確率
□投稿者/ WIZ 一般人(1回)-(2018/09/10(Mon) 19:53:49)
    横から失礼します。
    らすかるさんの解法を見て閃いたので、一応別解として書き込ませて頂きます。
    # かなり端折って書きます。

    組み合わせの数nCrをC(n, r)と記述します。
    コインの表が出る確率をpとすると1/2 < p ≦ 1です。
    表になるコインの枚数と全コインの枚数nの奇遇が一致する確率をa[n]とします。
    奇遇が一致しない確率をb[n]とします。
    # らすかるさんの記述のqが私の記述のa[n]と同義。

    n = 1のとき、a[1] = p, b[1] = 1-pはほぼ自明。

    n = 2のときは、コイン1とコイン2のの表裏は
    (コイン1, コイン2) = (表, 表)(表, 裏)(裏, 表)(裏, 裏)
    の4通りなので、
    a[2] = C(2, 2)(p^2)+C(2, 0)((1-p)^2)
    b[2] = C(2, 1)p(1-p)
    となります。

    一般のnでは、n = 2の場合から推論して、nが偶数のときs = 0, nが奇数のときs = 1として
    a[n] = C(n, n)(p^n)((1-p)^0)+C(n, n-2)(p^(n-2))((1-p)^2)+・・・+C(n, s)(p^s)((1-p)^(n-s))
    b[n] = C(n, n-1)(p^(n-1))((1-p)^1)+C(n, n-3)(p^(n-3))((1-p)^3)・・・+C(n, 1-s)(p^(1-s))((1-p)^(n-s+1))

    C(n, r) = C(n, n-r)という性質と、二項定理を使えば
    a[n]+b[n] = {p+(1-p)}^n = 1
    a[n]-b[n] = {p-(1-p)}^n = (2p-1)^n

    2p-1 > 0ですから、a[n]-b[n] > 0となり、a[n] > 1/2と言えます。
    ちなみに、
    a[n] = (1/2){1+(2p-1)^n} > 1/2
    b[n] = (1/2){1-(2p-1)^n}
    ですね。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48806 / ResNo.5)  Re[2]: 確率
□投稿者/ 感謝 一般人(3回)-(2018/09/12(Wed) 08:05:23)
http://感謝
    ふたつの視点から丁寧に説明していただき大変よく理解出来ました。
    有り難うございました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■48804 / 親記事)  確率
□投稿者/ 教えて下さい 一般人(1回)-(2018/09/11(Tue) 22:52:39)
    n個のくじ箱が並べてあり、どの箱にもn本のくじが入っている。
    左からk番目の箱にはk本の当りくじが入っている。(k=1,2,…,n)
    これらn個のくじ箱から無作為に1つの箱を選び1本くじを引き、
    それを箱に戻しもう一度引いて、少なくとも1本当りを引く確率と
    n個のくじ箱から無作為に2つの箱を選んで1本ずつくじを引き
    少なくとも1本当りを引く確率ではどちらが大きいか。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■48805 / ResNo.1)  Re[1]: 確率
□投稿者/ らすかる 一般人(12回)-(2018/09/12(Wed) 00:02:58)
    前者は
    1-{Σ[k=1〜n-1](1/n)(k/n)}^2=1-{(n-1)/(2n)}^2=(n+1)(3n-1)/(4n^2)=a
    同じ箱から2回引くことにすると
    Σ[k=0〜n-1](1/n){1-(k/n)^2}=(n+1)(4n-1)/(6n^2)=b
    (後者)=cとすると
    ((n-1)/n)c+(1/n)b=aから
    c=(na-b)/(n-1)=(n+1)(9n-2)/(12n^2)
    そして
    c-a=(n+1)/(12n^2)>0なので
    後者の方が大きい。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター