数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomal三角形と円の関係について(0) | Nomal|e^(icosθ)|、|e^(isinθ)|について(2) | Nomal大学数学 重積分(0) | Nomal原始関数問題(0) | Nomal簡単な論理式〜変な質問ですみませんが・・・(2) | Nomal割り算(1) | Nomal確率の問題です。大至急お願い致します(0) | Nomal整数解(7) | Nomal全ての 整数解 等(4) | Nomal完璧なのコピーbuytowe(0) | Nomal素数(1) | Nomal指数計算の練習(2) | Nomal微分積分(0) | Nomalテイラー展開(0) | Nomal合同式(1) | Nomalエルミート行列(0) | Nomal【大学数学】貨幣需要関数(0) | Nomal陰関数(0) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(6) | Nomal統計学(0) | Nomalベクトル空間(0) | Nomal複素数の三角不等式(引き算)(2) | Nomal微分の問題(0) | Nomal体積(1) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(z=x+rとおく方法)(1) | Nomal微分可能(2) | Nomalチェビシェフ 偏差値(0) | Nomal線形代数(1) | Nomal複素積分(2) | Nomalテイラー展開(2) | Nomal線形変換(1) | Nomal大学数学 線形代数 部分空間の証明(0) | Nomal証明問題(1) | Nomal一次結合と一次独立(0) | Nomal証明問題です(0) | Nomalz^5 = -1 を解く(2) | Nomal空間上の点(2) | Nomal複素関数の部分分数分解(4) | Nomal熱力学の本に出てくる式変形がわかりません。(0) | Nomalピタゴラス数の求め方(0) | Nomal二項定理を使ったピタゴラスの定理の証明(0) | Nomal二項定理を使ったフェルマーの最終定理の証明(0) | Nomal2次方程式(3) | Nomal数学A 図形の計算(0) | Nomalある式の微分における式変形について(2) | Nomal3次元空間の点(2) | Nomal線形代数」(0) | Nomal統計学の問題(0) | Nomal(削除)(3) | Nomal1/(z^2-1) を z = 1 でローラン展開する。(2) | Nomal無限等比級数について(2) | Nomalcosの不等式(2) | Nomal品質の服(0) | Nomal複素平面上の円(2) | Nomal積分の解き方について(0) | Nomal期待値(2) | Nomal3の個数(7) | Nomal複素数の関数(5) | Nomal分数関数の積分(2) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomalベクトルについて。(0) | Nomalベクトル解析(1) | Nomal線形代数 証明(0) | Nomalベクトル解析のスカラー場について(2) | Nomalフーリエ展開とフーリエ変換(0) | Nomal加速度の次元と速度の次元(1) | Nomal弘前大学 2010年度 理系 過去問です。(1) | Nomal第2可算公理(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明9(25) | Nomal線形代数(0) | Nomal確率論 幾何分布(0) | Nomal大学数学 確率論(0) | Nomal線形代数 行列(0) | Nomal無限和(2) | Nomal大学一年 線形代数(1) | Nomal大学で出された行列の課題がわかりません。(1) | Nomal広義積分(0) | Nomal 至急この問題を解説していただきたいです(0) | Nomal有理数(1) | Nomal論理関数(0) | Nomal正規分布(0) | Nomal問題を解いた物を送ってください(0) | Nomal陰関数の問題(0) | Nomal最小費用流問題(0) | Nomalこの問題分かりません(0) | Nomal数列の一般項(2) | Nomal統計学 二項分布(0) | Nomal連立微分方程式(1) | Nomal連立方程式(3) | Nomal解析学(2) | Nomal行列のn乗(1) | Nomal色々な方法 で(0) | Nomal初期値問題(1) | Nomal解析学(1) | Nomal統計学 確率密度関数 分布関数 確率(0) | Nomal統計学についての質問(3) | Nomal対数尤度関数について!(0) | Nomal関数について(0) | Nomal最小公倍数とはちがいますが。。(2) | Nomal論理を教えて下さい(12) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■50101 / 親記事)  supreme 偽物
□投稿者/ supreme 偽物 一般人(1回)-(2019/10/14(Mon) 10:09:03)
http://www.keevoo.com
    定番柔らかい生地を使用したTシャツを初めてシュプリーム 長袖 コピーです。 hTTp://Www.keevoo.com/brand-731.html supreme 偽物 伸縮性に富み、肌に吸い付くような美シルエットに仕上げました。ほど良く開いたネックラインや袖口を折り返したデザインなど、こなれ感漂うポイントに。トップスがゆったりとしているので、ボトムはコンパクト丈やタイトなシルエットのアイテムと合わせるのもおすすめです。 hTTp://Www.keevoo.com/ インナーとしての役割はもちろん、一枚で様になるアイテムです。 hTTp://copyle.com/kopipin-49-c0/ GIANNI VERSACE ブ ランド コピー
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■50146 / 親記事)  合同式の計算
□投稿者/ 画宇巣 一般人(11回)-(2019/11/04(Mon) 21:46:30)
     合同式の計算の復習をしているところです。
     下の画像の問題を以下のようにして解きましたが、問題ないのでしょうか?

      2000 = 166・12 + 8
      2000≡8 (mod 12)
      2000^2000≡8^2000 = 8^(166・12+8) (mod 12)
      8^(166・12+8)≡8^8 = 4096 (mod 12)
      4096 = 341*12 + 4≡4 (mod 12)
      ∴2000^2000≡4 (mod 12)

780×1125 => 173×250

1572871590.jpg
/112KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■50147 / ResNo.1)  Re[1]: 合同式の計算
□投稿者/ らすかる 付き人(53回)-(2019/11/04(Mon) 22:07:33)
    問題大ありです。
    ○^△(mod□)の剰余計算で
    ○にはmod□が使えますが、
    一般に△にはmod□は使えません。
    たまたま答えが合っただけです。

    実際、
    2000^2000を7で割ったときの余りは?
    という問題で
    2000=285×7+5から
    2000^2000≡5^5=3125=446×7+3≡3(mod7)
    と考えると正しくありません。
    正解は2000^2000≡4(mod7)です。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50148 / ResNo.2)  Re[2]: 合同式の計算
□投稿者/ 画宇巣 一般人(12回)-(2019/11/04(Mon) 22:52:15)
    2019/11/04(Mon) 22:58:27 編集(投稿者)

     すばやい回答ありがとうございます。合同式の計算も久しぶりですので混乱しております。
     やはり指数には使えないのですね。いや、あまりに簡単すぎて怪しいとうすうす感づいていました(笑)。やはり画像のように地道に計算するしかないんですね。手計算だと相当メンドイ。
      2000^2000
     = (285×7+5)^2000
     ≡5^2000 = (5^5)^400 = 3125^400 = (446×7+3)^400 (mod7)
     ≡3^400 = (3^8)^50 = 6561^50 = (937×7+2)^50 (mod7)
     ≡2^50 = (2^10)^5 = 1024^5 = (146×7+2)^5 (mod7)
     ≡2^5 = 32 = 7×4+4 (mod7)
     ≡4 (mod7)

     えーと、本来なら新規スレにすべきですが、指数絡みの話題ですので以下の件についてもお願いします。

      10 = 2・4+2
       6 = 1・4+2
      10≡6 (mod 4)
    であるとき

      2^10 = 1024 = 4・256
      2^6 =  64 = 4・16
      ∴2^10≡2^6 (mod 4)

      3^10 = 59049 = 4・14762 + 1
      3^6 =  729 = 4・182 + 1
      ∴3^10≡3^6 (mod 4)

     これから推定すると整数 a、b、p、n について
    a≡b (mod p) ⇒ n^a≡n^b
    が成り立ちそうですけど、成り立ちますか?

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50149 / ResNo.3)  Re[3]: 合同式の計算
□投稿者/ らすかる 付き人(54回)-(2019/11/04(Mon) 23:47:48)
    > やはり画像のように地道に計算するしかないんですね
    いいえ、そんなことはないです。
    指数に「同じ法」の剰余が使えないだけで、別の法の剰余は使えます。
    2000^2000≡5^2000(mod7)
    5^1≡5(mod7)
    5^2≡5×5≡4(mod7)
    5^3≡4×5≡6(mod7)
    5^4≡6×5≡2(mod7)
    5^5≡2×5≡3(mod7)
    5^6≡3×5≡1(mod7)
    5^7≡1×5≡5(mod7)
    ですから
    a≡b(mod6)のとき5^a≡5^b(mod7)です。
    従って
    5^2000=5^(333×6+2)≡5^2≡4(mod7)と求められます。

    元の問題も
    2000^2000≡8^2000(mod12)
    8^1=8(mod12)
    8^2=8×8≡4(mod12)
    8^3=4×8≡8(mod12)
    なので
    a≡b(mod2)のとき8^a≡8^b(mod12)となりますので、
    8^2000=8^(999×2+2)≡8^2≡4(mod12)
    ※2行上のa,bは1以上でないと成り立たないので0にしてはいけない
    のようにできます。


    > 整数 a、b、p、n について
    > a≡b (mod p) ⇒ n^a≡n^b
    > が成り立ちそうですけど、成り立ちますか?
    成り立ちません。
    反例:
    1≡5(mod4)ですが2^1≡2^5(mod4)は成り立ちません。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50150 / ResNo.4)  Re[4]: 合同式の計算
□投稿者/ 画宇巣 一般人(13回)-(2019/11/05(Tue) 01:02:03)
    > 指数に「同じ法」の剰余が使えないだけで、別の法の剰余は使えます。
     なるほど、なるほど!
     とても勉強になります。いつも丁寧な回答ありがとうございます。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■50144 / 親記事)  縦曲線について
□投稿者/ 寝屋川のムウマ 一般人(7回)-(2019/11/04(Mon) 19:17:59)
    縦曲線について曲線全体のacの長さの求め方とab間の長さを求める公式を教えてください。i1=0.33,i2=2.99、曲率30とする。
360×149 => 250×103

1572862679.gif
/4KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■50142 / 親記事)  銃曲線における計画高ついて
□投稿者/ 寝屋川のムウマ 一般人(6回)-(2019/11/03(Sun) 18:11:45)
    縦断曲線開始地点279m縦断曲線開始計画高23.79214m縦断曲線長100m曲率半径300mのとき、329mと、379mのときの計画高を求めるとき、公式を2つ使い、まず(i1-12)/(2000l)*x^2、縦距0.415m、0.166mで計画高はそれぞれ、起点計画高+(i1/1000)-起点計画距離-縦距で結果は23.5421m、22.4621mでした。これをkm単位つまり1000分の1にしたとき計算式は(i1-12)/(2000l)*x^2と起点計画高+(i1/1000)-起点計画距離-縦距はどのようになるのでしょうか。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■50141 / 親記事)  測量学について
□投稿者/ 寝屋川のムウマ 一般人(5回)-(2019/11/01(Fri) 07:18:18)
    勾配変更点において、勾配1を求める公式はi1=hb-ha/l1だそうです。これを勾配開始点地点高さhaを求める公式に変換できないでしょうか。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター