数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate互いに素(1) | UpDateベクトルについて。(1) | UpDate二次方程式について。(1) | UpDate図形について。(1) | UpDate埋め(1) | Nomalベクトル(1) | Nomal極値(1) | Nomal極値(1) | Nomal代数学の問題(1) | Nomal位相空間の問題(1) | Nomal剰余の定理について。(1) | Nomal積分計算(2) | Nomal広義積分の質問(4) | Nomal積分範囲の極限(2) | Nomal複素数計算(2) | Nomal複素数の実部と虚部の分け方がわかりません(3) | Nomal(削除)(0) | Nomal正接の値(2) | Nomal積分に関する質問(1) | Nomal順列(6) | Nomal確率(1) | Nomal直線の通過領域(1) | Nomal場合の数(3) | Nomal数学検定2級について。(0) | Nomal二次関数について。(4) | Nomal円(5) | Nomal円順列(2) | Nomal不等式(4) | Nomal複素数(1) | Nomal待ち行列(0) | Nomal模範解答の解説お願いします(1) | Nomal三角関数(1) | Nomal確率(1) | NomalP(a,b,c) = P(c|b) * P(b|a) 成立条件?(0) | Nomal確率統計についてです(0) | Nomal不等式(4) | Nomal自然数の和と倍数の性質(0) | Nomal円環(3) | Nomal模範解答の解説お願いします(0) | Nomal三角関数(1) | Nomal微分(2) | Nomal√3 v.s. √-3(2) | Nomal多項式の解と係数(0) | Nomal有理数と整数(2) | Nomal曲線の長さ(1) | Nomal数的推理(3) | Nomal数的推理(2) | Nomal連立(1) | Nomal接する(0) | Nomal複素数(3) | Nomal2階導関数・第2次導関数(0) | Nomal微分(1) | Nomal数学では循環する定義・公理は許されていますか(1) | Nomal実数解の取り得る値の範囲(2) | Nomalベクトルについて。(0) | Nomalクロム ハーツ 首饰 コピー(0) | Nomalベクトル場の問題(0) | Nomal自然数の謎(4) | Nomalバルビエの定理証明(1) | Nomal三角形(0) | Nomal数列(8) | Nomal整式について。(0) | Nomal確率について。(0) | Nomal直線と三角形(1) | Nomal2変数関数(1) | Nomal平行四辺形(2) | Nomal計算量について(1) | Nomal昔の東大模試の数列(2) | Nomal準同型写像(3) | Nomal互いに素(2) | Nomal数列の最大項(1) | Nomal数列とmod(2) | Nomal数列とmod(7) | Nomal2^(1/3)-1(0) | Nomalどう並べ替えても一部を取り出しても素数(5) | Nomal漸化式(10) | Nomal数と式(2) | Nomal不等式(2) | Nomal放物線と円(3) | Nomal四角形(3) | Nomal平方数の和(mod p)、個数(0) | Nomal複素数の計算(4) | Nomal調和級数(0) | Nomalcos方程式(0) | Nomal整数の方程式(4) | Nomalガンマ関数(0) | Nomal場合の数について。(0) | Nomalコンパクトである事の証明が(1) | Nomal(1/4)(3:4:5)(2) | Nomal漸化式(6) | Nomal等比数列の問題です(4) | Nomal3次方程式(6) | Nomal漸化式と極限(2) | Nomal互いに素?(4) | Nomal(削除)(5) | Nomalなぜy軸対称となるのかが理解できません。(2) | Nomal(削除)(2) | Nomal多項式の決定(1) | Nomal場合の数について。(1) | Nomal連結集合のはなし(1) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■47892 / 親記事)  等比数列の問題です
□投稿者/ ふくろう 一般人(1回)-(2017/03/05(Sun) 19:33:41)
    問題:鋭角Θをなす半直線OX、OY上にそれぞれ点列A1、A2、A3、・・・・・・、およびB1、B2、B3、・・・・・を次の条件(1)、(2)、(3)を満たすようにとる。
    (1) OA1=OB1=1
    (2) 線分B1A2、B2A3、B3A4、・・・・・・・・、BnAn+1、・・・・・・・・・はすべてOX上に垂直
    (3) 線分A1B1、A2B2、A3B3、・・・・・・・・、AnBn、・・・・・・・・、は互いに平行
    このとき△AnBnAn+1の面積をSnとすると、Σ(n=1から∞)=1/3である。tanΘの値を求めよ。
    丸一日考えましたが解けません。どなたかわかりやすく教えてください。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■47894 / ResNo.1)  Re[1]: 等比数列の問題です
□投稿者/ らすかる 一般人(10回)-(2017/03/05(Sun) 19:59:34)
    △A[n]B[n]A[n+1]:△B[n]A[n+1]B[n+1]=1:cosθ なので
    Σ[n=1〜∞]S[n]=△OA[1]B[1]/(1+cosθ)
    ∴(sinθ/2)/(1+cosθ)=1/3
    これより tanθ=12/5

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47900 / ResNo.2)  Re[2]: 等比数列の問題です
□投稿者/ ふくろう 一般人(2回)-(2017/03/06(Mon) 09:56:32)
    No47894に返信(らすかるさんの記事)
    > △A[n]B[n]A[n+1]:△B[n]A[n+1]B[n+1]=1:cosθ なので
    > Σ[n=1〜∞]S[n]=△OA[1]B[1]/(1+cosθ)
    > ∴(sinθ/2)/(1+cosθ)=1/3
    > これより tanθ=12/5
    >

    これだけではよく分かりません。私が不勉強だと重々承知しております。
    もう少し具体的に細かく説明をいただけませんか。
    ご多用のところ申し訳ありません。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47901 / ResNo.3)  Re[3]: 等比数列の問題です
□投稿者/ らすかる 一般人(13回)-(2017/03/06(Mon) 10:40:45)
    OB[n]cosθ=OA[n+1] なので OB[n]:OA[n+1]=1:cosθ
    △OA[n]B[n]∽△OA[n+1]B[n+1] なので A[n]B[n]:A[n+1]B[n+1]=1:cosθ
    A[n]B[n]とA[n+1]B[n+1]の間隔をH[n]とすると
    △A[n]B[n]A[n+1]:△B[n]A[n+1]B[n+1]
    =A[n]B[n]H[n]/2:A[n+1]B[n+1]H[n]/2
    =A[n]B[n]:A[n+1]B[n+1]
    =1:cosθ

    これより
    △A[n]B[n]A[n+1]={1/(1+cosθ)}・(台形A[n]B[n]B[n+1]A[n+1]の面積)
    なので
    Σ[n=1〜∞]S[n]
    =Σ[n=1〜∞]△A[n]B[n]A[n+1]
    =Σ[n=1〜∞]{1/(1+cosθ)}・(台形A[n]B[n]B[n+1]A[n+1]の面積)
    ={1/(1+cosθ)}Σ[n=1〜∞](台形A[n]B[n]B[n+1]A[n+1]の面積)
    ={1/(1+cosθ)}△OA[1]B[1]

    Σ[n=1〜∞]S[n]=1/3, △OA[1]B[1]=OA[1]・OB[1]・sinθ/2=sinθ/2 なので
    (sinθ/2)/(1+cosθ)=1/3
    sinθ/2=(1+cosθ)/3
    3sinθ=2(1+cosθ)
    (3sinθ)^2={2(1+cosθ)}^2
    9(sinθ)^2=4(1+cosθ)^2
    9{1-(cosθ)^2}=4{1+2cosθ+(cosθ)^2}
    13(cosθ)^2+8cosθ-5=0
    (13cosθ-5)(cosθ+1)=0
    cosθ=5/13,-1
    θは鋭角なので
    cosθ=5/13
    (tanθ)^2=1/(cosθ)^2-1=144/25=(12/5)^2
    θは鋭角なので
    tanθ=12/5

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47902 / ResNo.4)  Re[4]: 等比数列の問題です
□投稿者/ ・スモゑソス・ス・、 一般人(1回)-(2017/03/06(Mon) 16:02:14)
    問題が解けました。有難うございました。
    感謝 感謝です。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■47891 / 親記事)  3次方程式
□投稿者/ ramuniku 一般人(1回)-(2017/03/05(Sun) 15:45:19)
    f(x)はxの実数係数3次多項式で、以下の条件を満たしている。
    ・αがf(x)=0の解ならば、f(α^2-2)=0である。
    ・ある有理数βが存在して、f(β)=0である。
    このときf(x)を求めたい。(x^3の係数は1としてよい)

    お願いします!!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス6件(ResNo.2-6 表示)]
■47895 / ResNo.2)  Re[1]: 3次方程式
□投稿者/ みずき 一般人(2回)-(2017/03/05(Sun) 20:17:05)
    横から失礼します。

    >>らすかるさん

    例えば f(x)=(x+2)(x-2)^2 も条件を満たしませんか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47896 / ResNo.3)  Re[2]: 3次方程式
□投稿者/ らすかる 一般人(11回)-(2017/03/05(Sun) 20:28:22)
    2017/03/05(Sun) 20:34:37 編集(投稿者)

    あ、そうですね。気付きませんでした。御指摘ありがとうございます。
    上の回答を直接修正しましたので、確認頂ければ幸いです。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47897 / ResNo.4)  Re[3]: 3次方程式
□投稿者/ ramuniku 一般人(2回)-(2017/03/05(Sun) 22:28:09)
    有難うございます。
解決済み!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47898 / ResNo.5)  Re[1]: 3次方程式
□投稿者/ みずき 一般人(3回)-(2017/03/06(Mon) 00:09:19)
    >上の回答を直接修正しましたので、確認頂ければ幸いです。

    私の計算では、条件を満たすf(x)は15個となりました。
    らすかるさんが挙げられた12個の他に

    (x+1)(x-1)(x+√3)
    (x+1)(x-1)(x-√3)
    x(x-2)(x+2)

    も条件を満たすと思います。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47899 / ResNo.6)  Re[2]: 3次方程式
□投稿者/ らすかる 一般人(12回)-(2017/03/06(Mon) 00:27:48)
    確かにおっしゃる通りですね。
    考え落としが多すぎました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■47888 / 親記事)  漸化式と極限
□投稿者/ 歯医者さんに褒められる歯 一般人(1回)-(2017/03/01(Wed) 21:32:09)
    0<a<1である実数aに対して、数列{a[n]}を
    a[1]=a, a[n+1]=4a[n](1-a[n]) (n≧1)
    で定義する。
    lim[n→∞]a[n]=0であるとき、a[N]=0となる自然数Nが存在することを証明せよ。

    教えて下さい。
    よろしくお願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■47889 / ResNo.1)  Re[1]: 漸化式と極限
□投稿者/ らすかる 一般人(8回)-(2017/03/02(Thu) 04:54:16)
    どういう状況での問題かによって答え方が結構変わると思いますが、簡単に言うと

    条件から任意のnに対して0≦a[n]≦1。
    0<a[n]<1/4のとき1-a[n]>3/4なのでa[n+1]=4a[n](1-a[n])>3a[n]となり、
    a[n]が正の小さい値の場合、a[n+1],a[n+2],…は1/4以上になるまで
    前項の3倍以上の値をとり単調増加する。
    よってa[n]が0にならずに0に近づくことは不可能なので
    lim[n→∞]a[n]=0ならばa[N]=0となる自然数Nが存在する。

    # 具体的には、ある自然数Nに対してa[N]=3/4のときlim[n→∞]a[n]=3/4、
    # ある自然数にNに対してa[N]=0のときlim[n→∞]a[n]=0、
    # それ以外のときa[n]は発散(振動)

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47890 / ResNo.2)  Re[2]: 漸化式と極限
□投稿者/ 歯医者さんに褒められる歯 一般人(1回)-(2017/03/02(Thu) 14:38:22)
    状況がよく分かりました。
    有難うございます。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■47882 / 親記事)  互いに素?
□投稿者/ 掛け流し 一般人(1回)-(2017/02/25(Sat) 09:45:12)
    以下、文字は整数とし、xとyの最大公約数を(x,y)と表すこととする。
    互除法の原理
    x,yに対して、y=xq+r(q,rは整数〜必ず存在する)であるとき、(x,y)=(x,r)。
    (q,rの大きさは問わない)
    を利用して、次の2つを証明したいのですが、
    (1) (x,y)=1⇒(xy,x+y)=1
       (証明) xy=(x+y)・1+(xy-x-y)
        x+y=(xy-x-y)+xy
    xy-x-y=xy・1-(x+y)
    であるから、
        (xy,x+y)=(x+y,xy-x-y)=(xy-x-y,xy)=(xy,-(x+y))=1 (証明終)
    (2)(x,y)=1⇒(xy,x^2+y^2)=1
      を上と同様に示したいのですが、うまくいきません。ご教授下さい。


引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■47884 / ResNo.1)  Re[1]: 互いに素?
□投稿者/ らすかる 一般人(6回)-(2017/02/25(Sat) 13:54:14)
    (2)以前に、(1)の証明がおかしいのでは?
    (x,y)=1がどこにも使われていないように見えますし、
    最後の1行も(xy,x+y)=(xy,-(x+y))と言っているだけで
    意味のある計算には思えません。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47885 / ResNo.2)  Re[2]: 互いに素?
□投稿者/ 掛け流し 一般人(2回)-(2017/02/25(Sat) 15:23:35)
    らすかる様 早速のお返事ありがとうございます。
    ご指摘の通り(1)について、全く証明になっていませんでした。
    やはり、背理法を使って以下のようにするしかないのでしょうか?
    (1)の証明
    (xy,x+y)=g(≧2なる素数)とすると、
    xyはgの倍数で、x,yは互いに素ゆえ、xまたはyの一方はgの倍数であるから、
    xをgの倍数として(一般性を失わず)、x=gk(kは整数)とする。
    x+yもgの倍数であるから、x+y=gA(Aは整数)とおくと、y=g(A-k)となり、yもgの倍数となる。これは,x,yが互いに素である事に矛盾する。
    (2)の証明も同じようにやるしかないでしょうか?
    (1)(2)とも、式変形(互除法の原理)を利用してどうにか証明できないものか、と考えているのですが、うまくいかない状態です。アドバイス頂ければ幸いです。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47886 / ResNo.3)  Re[3]: 互いに素?
□投稿者/ らすかる 一般人(7回)-(2017/02/26(Sun) 03:17:38)
    互除法の原理を利用すると
    (1)
    (x,y)=1 から (x,x+y)=1, (y,x+y)=1 (∵互除法の原理から)
    ∴(xy,x+y)=1

    (2)
    (xy,x+y)=1 から (xy,(x+y)^2)=1
    (xy,x^2+y^2+2xy)=1 から (xy,x^2+y^2)=1 (∵互除法の原理から)

    # 両方とも、互除法の原理を使った式変形だけで導くのは
    # 不可能だと思います。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47887 / ResNo.4)  Re[4]: 互いに素?
□投稿者/ 掛け流し 一般人(3回)-(2017/02/26(Sun) 06:40:57)
    らすかる様
    素晴らしい解説ありがとうございました。
    よく分かりました。今後とよろしくお願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■47869 / 親記事)  (削除)
□投稿者/ -(2017/02/15(Wed) 11:45:47)
    この記事は(投稿者)削除されました
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■47870 / ResNo.1)  Re[1]: 場合の数(リーグ戦) to らすかる様
□投稿者/ お願いします(*_ _) 一般人(5回)-(2017/02/15(Wed) 16:39:04)
    すみません

    確認したらワンチャン5勝2敗でも落ちるんですね〜

    もし可能でしたら
    ・5-2
    ・4-3
    ・3-4
    ・2-5

    それぞれの場合の通過率を教えて下さい。
    何度もすみません(*_ _)

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47872 / ResNo.2)  Re[2]: 場合の数(リーグ戦) to らすかる様
□投稿者/ らすかる 一般人(4回)-(2017/02/15(Wed) 22:50:54)
    例えば5勝2敗が5人いるとき、「上位4人」はどうやって決めるのですか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47873 / ResNo.3)  Re[3]: 場合の数(リーグ戦) to らすかる様
□投稿者/ お願いします(*_ _) 一般人(6回)-(2017/02/16(Thu) 07:35:48)
    らすかる様

    遅くなってしまいすみません
    えと、上位4の同率時優劣は取得ゲーム数などで決める予定ですが
    例えば

    7-0 6-1 5-2 3-4 3-4 3-4 1-6 0-7

    の1パターンしかないと仮定すると
    3勝4敗だと通過率33%ということになりますね?
    そんな感じで計算できないものなのかと思いまして
    難しいようであれば「同率の場合必ず上位に入る」と仮定した場合でも構いません

    何度もごめんなさい(*_ _)
    ありがとうございます。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47874 / ResNo.4)  Re[4]: 場合の数(リーグ戦) to らすかる様
□投稿者/ らすかる 一般人(5回)-(2017/02/16(Thu) 11:41:32)
    > 3勝4敗だと通過率33%ということになりますね?

    どんなカードゲームのリーグ戦かわかりませんが、
    じゃんけんのように勝敗確率が1/2ならばそうなりますね。
    実力差が出る試合の場合は各パターンの出現確率が異なりますので
    単純には求められません。

    実力が関係ない8人のリーグ戦であれば、
    5-2: 32767/32768≒99.997%
    4-3: 2005403/2293760≒87.4%
    3-4: 288357/2293760≒12.6%
    2-5: 1/32768≒0.003%
    となります。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47875 / ResNo.5)  Re[5]: 場合の数(リーグ戦) to らすかる様
□投稿者/ お願いします(*_ _) 一般人(7回)-(2017/02/16(Thu) 14:05:11)
    わかりやすくありがとうございました!

    参考にします

    感謝(*_ _)
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター