数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■45434 / ResNo.10)  Re[1]: n番目の有理数を求める公式とは?
  
□投稿者/ WIZ 付き人(57回)-(2013/07/11(Thu) 11:27:44)
    解決済みのスレに発言するのは何ですが・・・。

    >「n番目の素数を表す式」は存在しますので、

    これは恐らく三角関数など超越的な演算を用いた計算方法だと思います。
    つまり無限回の演算をして(?)、実数の極限として結果が求まる方法ですよね?

    スレ主さんがはっきり意識しているかは分かりませんが、
    「n番目の有理数を表す式」が多項式時間で計算できることから有理数が可算無限である事を理解したいように読み取れます。
    なので、代数的な計算方法を探しているのだと想像します。
引用返信/返信 [メール受信/OFF] 削除キー/
■45435 / ResNo.11)  Re[2]: n番目の有理数を求める公式とは?
□投稿者/ らすかる 付き人(84回)-(2013/07/11(Thu) 12:08:49)
    > >「n番目の素数を表す式」は存在しますので、
    >
    > これは恐らく三角関数など超越的な演算を用いた計算方法だと思います。
    > つまり無限回の演算をして(?)、実数の極限として結果が求まる方法ですよね?

    違います。
    有限回の演算で求まる代数的な計算方法です。
引用返信/返信 [メール受信/OFF] 削除キー/
■45442 / ResNo.12)  Re[6]: n番目の有理数を求める公式とは?
□投稿者/ Dom 一般人(5回)-(2013/07/16(Tue) 03:35:13)
    > 「n番目の素数を表す式」は存在しますので、

    えっ!? アルゴリズムではなく式自体が存在するのですかっ?
    是非, その式を教えてください。m(_ _)m
引用返信/返信 [メール受信/OFF] 削除キー/
■45443 / ResNo.13)  Re[7]: n番目の有理数を求める公式とは?
□投稿者/ らすかる 付き人(85回)-(2013/07/16(Tue) 03:55:08)
    n番目の素数 p[n] は
    p[n]=1+Σ[m=1〜2^n][[n/Σ[j=1〜m][((j-1)!+1)/j]-[(j-1)!/j]]^(1/n)]
    と表されます。
    (ただしΣに続く[ ]以外の[ ]はガウス記号)
引用返信/返信 [メール受信/OFF] 削除キー/
■45444 / ResNo.14)  Re[8]: n番目の有理数を求める公式とは?
□投稿者/ Dom 一般人(6回)-(2013/07/16(Tue) 09:24:04)
    > p[n]=1+Σ[m=1〜2^n][[n/Σ[j=1〜m][((j-1)!+1)/j]-[(j-1)!/j]]^(1/n)]
    > と表されます。

    すっ凄すぎです。
    どうやって見つけられたんですか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF] 削除キー/
■45445 / ResNo.15)  Re[9]: n番目の有理数を求める公式とは?
□投稿者/ らすかる 付き人(86回)-(2013/07/16(Tue) 10:13:17)
    かなり昔のことなので良く覚えていませんが、
    多分自分で全く新規に考えたものではなく、
    何か既存の式を応用して作っただけだと思います。
    また、チェビシェフの定理とウィルソンの定理を知った上で
    式の意味を理解すれば、全然凄くないことがわかると思います。
引用返信/返信 [メール受信/OFF] 削除キー/
■45447 / ResNo.16)  Re[2]: n番目の有理数を求める公式とは?
□投稿者/ Dom 一般人(7回)-(2013/07/17(Wed) 01:47:34)
    とても参考になってます。

    > 有理数は可算です。実は有理数を真部分集合として含むもっと大きい(?)無限集合で可算であるものも存在します。

    これはアレフ_0より大きい無限集合は非可算しか有り得ないのではないのですか(連続体仮説)?


    > 有理数とは整数と整数の比で表せる実数ですが、
    > これは言い方を変えれば整数係数の1次方程式の解となる数ということです。

    なるほどです。

    > そこで2次以上の代数方程式(整数係数で、係数の最大公約数が1で、
    > 整式として既約とか幾つかの条件が付きますが)
    > の解となる数も含めた代数的数というのを考えると、
    > これも可算無限であることが知られています。

    なるほど。

    > おそらく、スレ主さんは実数全体が可算無限より真に大きい濃度を持つ
    > 無限集合であることもご存じだと思います。

    そうですね。

    > 整数係数の代数方程式の解になり得ない数を超越数と言います。
    > (円周率πや自然対数の底eは超越数であることが知られています。)

    了解です。

    > √2や√(1+√(2+√3))は代数的数ですが、実は整数から四則演算とべき根をと
    > る演算を有限回実行することでは
    > 表現できない代数的数も存在します。(5次以上の代数方程式には代数的な一
    > 般解法が存在しないことが知られています。)

    なるほど。5次以上の方程式は解の公式が存在しないことは聞いた事があります。
    そのような5次以上の方程式は代数的数だがこれは整数から四則演算とべき根をと
    る演算を有限回実行することでは表せないのですね。

    > しかし、代数的数は高々可算なので、実数が非可算であるのは超越数がすごく
    > 多い(?)からなんですね。
    > つまり、実数なんてその殆どが超越数ってことですね。

    実数の殆どが無理数だとは知ってましたが,更に無理数では代数的無理数は少ししかなく大部分は超越数なのですね。


    > ・・・なんだか、スレの趣旨からずれてしまったけど、
    > 色々調べてn番目の有理数を表す式とか、
    > 有理数を与えるとそれが何番目か分かるアルゴリズムが見つかると良いですね。

    そうですね。有難うございます。
引用返信/返信 [メール受信/OFF] 削除キー/
■45448 / ResNo.17)  Re[1]: n番目の有理数を求める公式とは?
□投稿者/ WIZ 付き人(60回)-(2013/07/17(Wed) 08:48:05)
    >> 有理数は可算です。実は有理数を真部分集合として含むもっと大きい(?)無限集合で可算であるものも存在します。
    > これはアレフ_0より大きい無限集合は非可算しか有り得ないのではないのですか(連続体仮説)?

    無限集合の濃度の大小についての理解が不足しています。
    上記の(誤った)論理ならば、可算無限である自然数全体を真部分集合として含む有理数全体は
    非可算ということになってしまいますよ。

    有限集合の場合、全体の要素の個数は、真部分集合の要素の個数より大きいと言えます。
    逆に、この様な性質を持つ集合を有限集合と言ってもいいです。

    無限集合の場合、要素の個数は数えられませんが、二つの集合間に写像を考えて全単射ができるのなら、
    二つの集合間は同じ濃度と考えます。

    スレ主さんは無限集合の基数をご存じの様なので、可算無限が最小の基数であることもご存じだと思います。
    例えば、正の偶数全体は自然数全体の真部分集合ですが、
    正の偶数全体が可算無限より小さい濃度を持つ無限集合という訳ではなく、
    自然数nと正の偶数2nの間に全単射:n⇔2nを考える事ができますから、
    自然数全体と正の偶数全体の濃度は等しく、正の偶数全体も可算無限となります。
    このように、自身の真部分集合と全単射を持つという有限集合ではありえない性質を無限集合は持っています。
    逆に、この様な性質を持つ集合を無限集合と言ってもいいです。

    整数係数を持つ代数方程式全体が可算無限であり、代数方程式の異なる解は複素数の範囲でその次数以下
    (代数学の基本定理)により、代数的数全体も可算無限であることが示せます。
    興味があったら調べてみてください。

    > なるほど。5次以上の方程式は解の公式が存在しないことは聞いた事があります。

    代数的な一般解法(代数方程式の係数から有限回の四則演算とべき根を取る演算を実施して根を表現する方法)
    が存在しないという意味で、楕円関数を用いた超越的な解法は知られています。
引用返信/返信 [メール受信/OFF] 削除キー/
■45449 / ResNo.18)  Re[1]: n番目の有理数を求める公式とは?
□投稿者/ WIZ 付き人(61回)-(2013/07/17(Wed) 10:39:37)
    > らすかるさん
    > 有限回の演算で求まる代数的な計算方法です。
    > p[n]=1+Σ[m=1〜2^n][[n/Σ[j=1〜m][((j-1)!+1)/j]-[(j-1)!/j]]^(1/n)]

    ガウスの記号は代数的な演算ではないと思いますが、どうでしょう?
    有理数xに対して、y = [x]として、xに有限回の四則演算とべき根を取る演算を実行してyを求めることができますか?
    もし可能なら、興味があるので方法(情報)を教えてください。

    # 別スレ立てようかとも思いましたが、関連していると思うので同一スレに便乗します。
    # 自然数から代数的なアルゴリズムで素数なり有理数への全単射を構築できるのかという意味で。
引用返信/返信 [メール受信/OFF] 削除キー/
■45450 / ResNo.19)  Re[2]: n番目の有理数を求める公式とは?
□投稿者/ らすかる 付き人(87回)-(2013/07/17(Wed) 11:50:15)
    「代数的な演算」は「有限回の四則演算とべき根を取る演算」という意味だったのですか。
    それは存じませんでした。それでしたら式はわかりません。失礼しました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF] 削除キー/

<前のレス10件 | 次のレス10件>

スレッド内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 >>

このスレッドに書きこむ

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター