Q&A/よくある質問

イングリッシュ・スクエアによくお尋ねいただくご質問と、おこたえをまとめています。


レッスンは英語のみで行われるのですか。

会話力は、実際に活発に英語を使ってこそ身につきます。レッスンは、あいさつ、アクティビティーの説明、講師の指示なども含めて、ほとんど英語で行います。
ただし、高学年・中学生のクラスでは、読解・文法指導、調べ学習などの場面で日本語を使うこともあります。

幼児、児童のクラスのカリキュラムは金沢市立の小学校の英語科とどのように違いますか。

小学校の英語科は5年生から(金沢市立小学校は3年から)始まり、主にリスニング、スピーキングを勉強しますが、イングリッシュ・スクエアでは、入門期(幼児・小学1-2年)から少しずつ文字を取り入れ、長期的な目標を視野に入れながら、年齢に最も応じた方法で読み書きを指導します。  
また、イングリッシュ・スクエアでは、少人数で充実したレッスンを行い、毎週宿題も出ます。教育熱心な保護者の方、学習意欲のあるお子さまが多いこともあり、非常にレベルの高いレッスンを行っています。  
その結果、小学生の間に、大人になってからも十分に活かされる発音、イントネーション、リスニング力をつけることが出来ます。

会話の学習に読み書きは必要なのですか。

よく「子供たちは遊び感覚で耳から英語を覚える」といわれますが、実際には耳からの刺激のみで英語を習得する力には個人差があり、ほとんどのお子さまは8歳ごろから目から言葉を吸収する力が飛躍的に伸びてきます。 
実際、子供たちはで自分で英語の絵本やせりふを読んで、言葉を「発見する」ことが大好きです。
また、読む力をつけることにより、会話力もアップすることができます。一般には「せっかく英会話を習っていたのに、中1の教科書も読めない」という声もよくきかれますが、イングリッシュ・スクエアに通っているお子さまですと、レベル6(小学5-6年)で文化、世界地理や科学についてのリーダーをひとりで読めるようになり、英語を学ぶだけでなく、英語を通して世界について学んでいます。

中学校クラスでは、学校の定期テストにあわせたレッスンをしているのですか。

「中学生ハイレベル実用英語クラス」(中1・2)は、英語レベル・学習意欲の高いお子さまを対象とした高レベルのクラスで、中1で中2レベル以上(英検3級~準2級)の会話・読解、中2で高校入試レベル以上(英検準2級~2級)の会話・読解を学習します。
自ら積極的に英語に関わる姿勢を育て、学習スキル(辞書の使い方、つづりの覚え方、文法学習の方法)などをしっかり指導しますので、もちろん、中学クラスの全員が学校でもトップの成績をおさめています。
また、学校の定期テストに合わせたレッスンは行いませんが、学校の勉強に関する質問はいつでも受け付けます 。

どのような教材を使いますか。

講師自身が著作した本格的な英会話テキスト、『English Land』(ピアソン・ロングマン)を主教材として使います。
また、イギリス、アメリカ、オーストラリアなどからやってきた教具、絵本やノンフィクションのリーダーを多く使い、楽しく、ダイナミック、かつ学習効果の高いレッスンを行っています。

宿題はありますか。

本校では宿題はカリキュラムの大切な一部となっており、お子さまの年齢やレベルにあわせた宿題が毎週1時間分ほど出ます。保護者のみなさまには、お子さまが丁寧に宿題に取り組んでいるかご確認いただいています。とくに、入門レベルの間は、保護者さまにそばに座って「教える」のではなく「一緒に楽しみながら」進めるようにお願いしています。小学2年生になりますとほとんどのお子さまがひとりで取り組めるようになります。
ご自身の発音を心配しておられる保護者の方も多いようですが、正しい発音にはレッスンでの活動と教材のCDで十分触れますので、おうちでは、リラックスして一緒に英語の世界をお楽しみいただきたいと思います。
なお、おうちでの英語環境はお子さまの学習におおきく影響しますので、好ましい英語環境の作り方などはブログやニュースレターなどでをお知らせしています。

振替レッスンはありますか。

イングリッシュ・スクエアでは、最も効果的な学習のために細かなレベル別けをしていますので、各クラス学習内容が異なり、 ほとんどのクラスが満席となっているため、振替が出来ません。ご了承ください。
また、当校では、子供たちがレッスンを最優先する意識を持つことは「自律学習」への第一歩と考えています。やむを得ない理由でお休みをされたお子さまには、ご自宅で自習できるようにレッスンの内容や宿題をメールでお知らせいたします。

どこの幼稚園・学校のお子さんが通われていますか。

カルメン幼稚園、金沢大学附属小学校、伏見台小学校のみなさんをはじめ、市外、県外から通われているお子さまもおられます。中学生ハイレベルクラスには、金沢大学附属中学校、高尾台中学校のみなさんが、ティーン英会話クラスには、金沢大学附属高校、金沢泉丘高校、金沢二水高校のみなさんが多く通われています。

その他のお問い合わせがございましたら、こちらからどうぞ。

お問い合わせ