数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomalデデキントの切断による実数の構成(0) | Nomalベルトラン・チェビチェフの定理について。(0) | Nomalガウスの発散定理(0) | Nomal数列について。(0) | Nomal(1-x)^(-2)の展開式(2) | Nomal線形代数(0) | Nomal高校の範囲での証明(2) | Nomal京大特色(1) | Nomalこの表の見方を教えてください。(0) | Nomalヒルベルト空間(0) | Nomal$D_n$加群のフーリエ変換と関数のフーリエ変換との関係について(0) | Nomal群の問題(5) | Nomal合同式の計算(2) | Nomal統計/区画幅について(3) | Nomalプログラミング言語BASIC言語について。(14) | Nomal2変数関数の極値条件(2) | Nomal素数生成法について(0) | Nomal合同式の計算(4) | Nomal縦曲線について(0) | Nomal銃曲線における計画高ついて(0) | Nomal測量学について(0) | Nomal訂正です(1) | Nomal対数の取り方、シグモイド、ロジスティック関数(0) | Nomal緩和曲線の開始位置と終了地点および途中の高さxについて(0) | Nomalf'(x) の増減の判定方法(3) | Nomal三角形と内接円について改(1) | Nomal三角形と内接円について。(1) | Nomal増減表の作り方(6) | Nomal三葉曲線の長さについて(2) | Nomal4次関数(3) | Nomal約数を mod 13 で見る(1) | Nomal自作問題(3) | Nomalsupreme 偽物(0) | Nomal(削除)(0) | Nomalケプラー方程式による惑星の会合計算(0) | Nomal追いかけ算 惑星会合時期(1) | Nomal担当者の時間割(2) | Nomal(削除)(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明9(23) | Nomal必要十分条件の証明(3) | Nomal合コン(4) | Nomal三次関数と長方形(4) | Nomal同型写像(0) | Nomal屑スレを下げるための問題(2) | Nomal基本的な確率(2) | Nomal中学生でも解けそうな入試問題001(1) | Nomal正2n角形と確率(4) | Nomal階段行列の作り方(4) | Nomalご教示ください(5) | Nomal統計学の問題です(0) | Nomal3の倍数(4) | Nomalラプラス方程式 境界条件(0) | Nomal対偶について(8) | Nomalsinの関係(2) | Nomal偶数と奇数(8) | Nomal2^(1/3)とωと√3(4) | Nomal supreme コート(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明8(74) | Nomal目的の形への行列の三角化(2) | Nomal掲示板について。(1) | Nomalフェルマーの定理 RSA暗号(1) | Nomal等角写像の問題です。(2) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明7(101) | Nomalグッチンコピー(0) | Nomal6次方程式(2) | Nomalベクトル解析 証明(0) | Nomal位相数学、位相空間(0) | Nomal実生活に活きる確率(0) | Nomalオイラーの公式 導関数の定義(2) | Nomal2階常微分方程式 (1) | Nomalオイラーの公式(3) | Nomalオイラーの公式(0) | Nomalオイラーの公式(3) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明6(101) | Nomal数学について。(1) | Nomal線形代数(1) | Nomal整数問題(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明5(101) | Nomal順列(4) | Nomal大小の比較(7) | Nomalシミュレーションについて(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明4(101) | Nomal数学について。(1) | Nomalフーリエ変換の求め方(1) | Nomalisometric matrix,p-ノルムについて(0) | Nomald(cos^2θ)/dθ=と置けるような相似の図を見つけたいです!(0) | Nomal1/ cos^2θの微分を画像の図を用いて解きたい!(0) | Nomalラグランジュの剰余項(1) | Nomallog2とマクローリン展開についての証明(1) | Nomal極限を求める(大学数学)(1) | Nomal期待値(2) | Nomal確率密度(2) | Nomal三角方程式(2) | Nomal方程式(2) | Nomal多項式の係数(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明3(76) | Nomal複素平面上の領域について(0) | Nomal数学検定について。(0) | Nomal複素解析(2) | Nomal定積分と体積(1) | Nomal極限値(3) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■47343 / 親記事)  正八面体と内接球
□投稿者/ あおぎ 一般人(1回)-(2015/06/17(Wed) 23:31:17)
    図のように、正八面体ABCDEFに半径1の球Oが内接している この八面体の体積を求めよう

    辺BCの中点をM、ABの長さをaとおくと、OA=√ア/イ a 、OM=ウ/エaであるから、 三角形AMOの面積Sは、S=√オ/カaの2乗である
    また、線分AMを三角形AMOの底辺として考えるとS=√キ/クaである
    よって、a=√ケであり、正八面体の体積はコ√サである。
    ながいですが、お願いします!!

引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■47340 / 親記事)  2次方程式
□投稿者/ お腹が気になる 一般人(1回)-(2015/06/16(Tue) 20:57:59)
    a,b,cは正の実数で、2次方程式
    ax^2+bx+c=0
    は実数解を持つものとします。このとき、2次方程式
    (a^2-bc)x^2+(b^2-ca)x+(c^2-ab)=0
    は実数解を持つことを示して下さい。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■47341 / ResNo.1)  Re[1]: 2次方程式
□投稿者/ らすかる 大御所(346回)-(2015/06/16(Tue) 22:05:07)
    条件から b^2≧4ac
    64ac(a^3+c^3)^2-121a^4c^4=ac(64c^6+7a^3c^3+64a^6)>0 から
    64ac(a^3+c^3)^2>121a^4c^4 なので
    16b^2(a^3+c^3)^2≧64ac(a^3+c^3)^2>121a^4c^4
    よって 4b(a^3+c^3)>11a^2c^2 なので
    4b(a^3+c^3)-11a^2c^2>0
    従って
    (b^2-ca)^2-4(a^2-bc)(c^2-ab)
    =(b^2-4ac){(b^2-4ac)+2ac}+{4b(a^3+c^3)-11a^2c^2}>0
    なので実数解を持つ。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47342 / ResNo.2)  Re[2]: 2次方程式
□投稿者/ お腹が気になる 一般人(2回)-(2015/06/17(Wed) 18:24:51)
    ありがとうございます!
解決済み!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■47339 / 親記事)  交点
□投稿者/ 直子 一般人(1回)-(2015/06/15(Mon) 22:23:34)
    2直線 y = (b/h)*x, y = ((-a)/h)*x + a の交点を求めよ ;

    交点の y座標の2倍 は aとbの 何か;
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■47337 / 親記事)  有理数
□投稿者/ ジェーン 一般人(1回)-(2015/06/14(Sun) 12:21:50)
    平面上に長さが有理数の線分ABがあります。
    ABの中点をMとします。
    Mを中心として半径が有理数の円を描きます。
    この円の周上の点Pで線分PAとPBの長さがいずれも有理数となるような点Pは必ず存在しますか?
    ただし点Pは直線AB上にはないものを考えます。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■47360 / ResNo.1)  Re[1]: 有理数
□投稿者/ ねむねむ 一般人(2回)-(2015/06/21(Sun) 13:07:16)
    線分 AB の長さを ,円の半径の長さを とおくと,そのような点 P が存在することと

    をみたす正の有理数 が存在することは等価( は線分PA,PBの長さになる)であり,例えば

    のように取れるので,それは成り立つ.

引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■47332 / 親記事)  有界と周囲の長さの関係の証明が難です
□投稿者/ なっちゃん 一般人(1回)-(2015/06/09(Tue) 09:48:27)
    簡単な問題なのかもしれませんですが、、、

    Dが有界の複素平面上の単連結領域の時,Dの境界点の集合をl:=Bd(D)と書く事にすれば,
    この弧lの長さは有限である事を示したいのですが

    当たり前そうで,いざ証明するとなるとどうすればいいのかわかりません。
    是非ともご教示下さい。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス8件(ResNo.4-8 表示)]
■47364 / ResNo.4)  Re[4]: 有界と周囲の長さの関係の証明が難です
□投稿者/ なっちゃん 一般人(3回)-(2015/06/25(Thu) 04:29:11)
    遅くなりまして大変申し訳ありません。


    > ・p_1, ..., p_nをD内の曲線で結ぶ(弧状連結性を使う)
    > ・それぞれの点と曲線を合わせたコンパクト集合Kを考える。
    > ・Kを、Dに含まれる開円盤でおおう(Kの各点について、その点を中心としDをはみ出さない程度に小さな開円盤を考えればよい)
    > ・Kのコンパクト性から、Kは上記の開円盤の内、有限個で覆える。それをD'とおく。
    > ・D'の境界は有限個のジョルダン閉曲線になっているが、

    「γを連続曲線とするとγの有限個の開被覆∪_{k=1..m}G_kの境界線lは閉曲線」は明らかですよね。

    そして,
    「この,lはJordan閉曲線(始点と終点以外は単射)になる」とは限りませんよね。
    p_1とp_2を結んだ曲線がCの字の形をしてる場合は開被覆の採り方によっては,その開被覆の境界線lは始終点以外に交点が存在する場合がありますよね
    (つまり,複数のJordan閉曲線が接するような形状…(ア))。

    故にD'の境界は有限個の閉曲線(非Jordanの場合も有り得る)からなる。


    もし,有限個の開被覆の境界線で開曲線になるものがあったとすると,

    > その中の一つ(一番外側のもの)が求めるジョルダン閉曲線

    これはイメージしやすいですね。
    "一番外側の"をどのように数学的に表現すればいいのでしょうか?


    また,nについて帰納法では証明できませんでしょうか?
    n=2の時,今,D_1:=Dは(単)連結だからp_1とp_2とを結ぶ単純曲線l_1がD_1内に採れる(∵連結の定義)。
    n=3の時,今,D_2:=D_1\l_1∪{p_2}は(2重)連結だからp_2とp_3とを結ぶ単純曲線l_2がD_2内に採れる(∵連結の定義)。
    n≧3の時,D_{n-1}:=D_{n-2}\l_{n-2}∪p_{n-1}は(2重)連結だから,p_{n-2}とp_{n-1}とを結ぶ単純曲線l_{n-1}がD_{n-1}内に採れると仮定すると
    nの時,D_n:=D_{n-2}\l_{n-2}∪p_{n-1}は(2重)連結だから,p_{n-1}とp_nとを結ぶ単純曲線l_nがD_n内に採れる。
    従って,Dにp_1,p_2,…,p_nが与えられた時,p_1,p_2,…,p_nを順に結ぶ単純曲線l:=l_1∪l_2∪…∪l_nがD内に採れる。

    以上から,
    「単連結領域D内に端点を含む単純開曲線lが与えられた時,lを囲むJordan閉曲線Jが採れる」を証明する事に帰着しますね。
    これについては,
    l上の任意の点xについてD⊃Ball(x,ε)なるxを中心とする半径εの開球が採れる(∵xはDの内点だから)。
    この時,∃ε_0>0;D⊃Ball(x,ε_0) for∀x∈lが言える。つまり,xに依らないε_0が存在する。
    これが言える理由は
    もし,for∀ε>0に対し,∃x_0∈l;D⊃Ball(x_0,ε)とはならないなら,このx_0はもはやDの内点ではない。この事はlが開集合Dに含まれる事に反する。
    従って,
    B:={Ball(x,ε_0);x∈l}はDに含まれるlの開被覆の一つになっている。lは閉集合であるからコンパクト集合である。
    よって,Bから有限個の部分開被覆Ball(x_1,ε_0),Ball(x_2,ε_0),…,Ball(x_n,ε_0) (但し,x_1,x_2,…,x_n∈l)が存在し,∪_{k=1..n}Ball(x_k,ε_0)は非連結。
    故に,J:=Bd(∪_{k=1..n}Ball(x_k,ε_0))と採ればJはlを囲むJordan閉曲線となる。すなわち,Jはp_1,p_2,…,p_nを囲むJordan閉曲線である
    (但し,Bd( )は境界点集合を表す記号)。

    ではいかがでしょうか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47365 / ResNo.5)  Re[5]: 有界と周囲の長さの関係の証明が難です
□投稿者/ ひよこ 一般人(18回)-(2015/06/25(Thu) 08:17:24)
    > 故にD'の境界は有限個の閉曲線(非Jordanの場合も有り得る)からなる。
    確かにそうですね。有限個の円弧の和で、接している点は有限個ですから、
    接点の近くで曲線を変更すれば(どのように変更するとかきちんと述べるのはそれなりに大変かもしれません)どうにかなるとは思いますが。

    >>その中の一つ(一番外側のもの)が求めるジョルダン閉曲線
    >
    > これはイメージしやすいですね。
    > "一番外側の"をどのように数学的に表現すればいいのでしょうか?
    どのように表現すれば良いのでしょうかね?
    このあたりも、「細部まできちんと証明するのは手間かもしれません」の原因です。

    > もし,for∀ε>0に対し,∃x_0∈l;D⊃Ball(x_0,ε)とはならないなら,このx_0はもはやDの内点ではない。
    x_0(εに応じて選ばれる)を中心にして、半径εをとると、Dからはみ出す。
    といっているだけで、x_0が内点かどうかは関係ありません。

    この部分を示すなら、lとDの境界の距離が正であることを利用するのが良いかと。
    本質的には、lと端点を合わせたものがD内のコンパクト集合であるということに帰着するわけですが。

    >J:=Bd(∪_{k=1..n}Ball(x_k,ε_0))と採ればJはlを囲むJordan閉曲線となる。
    これはなぜですか?それこそ、lがCやSの形みたいになっていて、Jが接していたり、二つ以上のJordan閉曲線に分離したりしないことを保証する必要があるような気がします。
    ε_0を小さくすれば良いような気がしますが、その場合は、こんどはx_k中心の球でちゃんとlがおおわれるかどうかを気にしないといけません。

    どうでしょうか?


引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47368 / ResNo.6)  Re[6]: 有界と周囲の長さの関係の証明が難です
□投稿者/ なっちゃん 一般人(4回)-(2015/06/26(Fri) 12:47:47)
    > どのように表現すれば良いのでしょうかね?
    > このあたりも、「細部まできちんと証明するのは手間かもしれません」の原因です。

    そうですか。こりゃ大変そうですね。

    > x_0(εに応じて選ばれる)を中心にして、半径εをとると、Dからはみ出す。
    > といっているだけで、x_0が内点かどうかは関係ありません。

    えっ? x_0(今x_0は開集合D内の点にある)を中心とするどんなにちいさな半径の開球をとってもその開球はDからはみ出す...という事を述べたつもりなのですが,
    この時,x_0はもはやDの内点ではなくなりますので矛盾となるのですが。。。

    これから一定の半径ε_0を持つ開球によるlの有限部分開被覆が採れると思ったのです。

    >>J:=Bd(∪_{k=1..n}Ball(x_k,ε_0))と採ればJはlを囲むJordan閉曲線となる。
    > これはなぜですか?それこそ、lがCやSの形みたいになっていて、Jが接していたり、二つ以上のJordan閉曲線に
    > 分離したりしないことを保証する必要があるような気がします。
    > ε_0を小さくすれば良いような気がしますが、その場合は、こんどはx_k中心の球でちゃんとlがおおわれるかどうかを気にしないといけません。
    > どうでしょうか?

    ふーむ。そうですね。。


    >> D'の境界は有限個のジョルダン閉曲線になっているが、
    >> その中の一つ(一番外側のもの)が求めるジョルダン閉曲線

    有限個のJordan閉曲線をJ_1,J_2,…,J_m(⊂D)とすると,それらの各内部,Isd(J_1),Isd(J_2),…,Isd(J_m)はD内にありますよね(∵今,Dは単連結)。

    従って,求めるJordan閉曲線JをJ:=Bd(D'∪∪_{k=1..m}Isd(J_k))と採ればいいのではないでしょうか?

    これならいけると思うのですが簡単すぎかな。。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47370 / ResNo.7)  Re[7]: 有界と周囲の長さの関係の証明が難です
□投稿者/ ひよこ 一般人(19回)-(2015/06/26(Fri) 23:02:33)
    えーと、この手の、直感的には明らかっぽいけれど実際に示すのは面倒な類の話題は、きちんと証明しようと思うなら、議論も精密に組み立てないと意味がないと思います。

    というわけで、証明の本題からははずれますが、ちょっと気になるので。
    > もし,for∀ε>0に対し,∃x_0∈l;D⊃Ball(x_0,ε)とはならないなら,このx_0はもはやDの内点ではない。
    ここで、
    「∀ε>0に対し,∃x_0∈l;D⊃Ball(x_0,ε)が成立しない」

    「あるx_0∈lについて、∀ε>0に対し,D⊃Ball(x_0,ε)が成立しない」
    は意味が違います。後者は、x_0がDの内点でないことを意味しますが、
    前者は、lの点を中心とする半径εの球を考えると、どれかの球はDからはみ出す。というだけで、lがD内にあることと矛盾しません。(例えば、lは端点を含まず、lの端点がDの境界にある場合とか)。

    もちろん、今考えている状況では、lとその端点を合わせたものはDの内部にある「コンパクト集合」ですから、(一様に)半径ε_0の球でlをおおうことができますが、コンパクト性なりを使わないと証明できない、はず。


    > >> D'の境界は有限個のジョルダン閉曲線になっているが、
    > >> その中の一つ(一番外側のもの)が求めるジョルダン閉曲線
    >
    > 有限個のJordan閉曲線をJ_1,J_2,…,J_m(⊂D)とすると,それらの各内部,Isd(J_1),Isd(J_2),…,Isd(J_m)はD内にありますよね(∵今,Dは単連結)。
    >
    > 従って,求めるJordan閉曲線JをJ:=Bd(D'∪∪_{k=1..m}Isd(J_k))と採ればいいのではないでしょうか?
    >
    Jordan閉曲線も含めて
    J:=Bd(D'∪∪_{k=1..m}Isd(J_k)∪∪_{k=1..m}J_k)
    とすればOKになるような気がします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47371 / ResNo.8)  Re[8]: 有界と周囲の長さの関係の証明が難です
□投稿者/ なっちゃん 一般人(5回)-(2015/06/27(Sat) 06:39:43)
    > 「∀ε>0に対し,∃x_0∈l;D⊃Ball(x_0,ε)が成立しない」と
    > 「あるx_0∈lについて、∀ε>0に対し,D⊃Ball(x_0,ε)が成立しない」
    > は意味が違います。後者は、x_0がDの内点でないことを意味しますが、
    > 前者は、lの点を中心とする半径εの球を考えると、どれかの球はDから
    > はみ出す。というだけで、lがD内にあることと矛盾しません。(例えば、
    > lは端点を含まず、lの端点がDの境界にある場合とか)。

    おっと,そうでした。

    「∃ε_0>0;D⊃Ball(x,ε_0) for∀x∈l」の否定は
    「for∀ε>0に対し,∃x_0∈l;D⊃Ball(x_0,ε)とはならない」じゃなかったです。
    否定は
    「∃x_0∈l;D⊃Ball(x_0,ε) for∀ε>0とはならない」
    でしたね。(^_^;)

    > もちろん、今考えている状況では、lとその端点を合わせたものはDの内部にある「コンパクト集合」ですから、
    > (一様に)半径ε_0の球でlをおおうことができますが、コンパクト性なり
    > を使わないと証明できない、はず。

    これについては,
    今,l⊂DでDは開集合で,端点を含むlはコンパクトだから,当然,開被覆∪_{x∈l}Ball(x,ε_x)を与えると(ε_xはxに対して決まる正数),
    しかも,∃ε_0>0;l⊂∪_{x∈l}Ball(x,ε_0)⊂Dなるε_0が採れる(つまり,半径一定の開球からなるDに含まれる開被覆が採れる)。
    なぜなら,
    もし,「ε_0>∀ε>0に対して,∃x_0∈l;Ball(x_0,ε)⊂Dとはならない」なら,x_0(∈l⊂D)は最早Dの内点とはならないので,これは矛盾。
    従って,lのコンパクト性からlの有限部分開被覆∪_{k=1..n}Ball(x_k,ε_0)(⊂D)が採れる。
    という具合でいいのですね。

    > Jordan閉曲線も含めて
    > J:=Bd(D'∪∪_{k=1..m}Isd(J_k)∪∪_{k=1..m}J_k)
    > とすればOKになるような気がします。

    おっと,そうでした。∪_{k=1..m}J_kも必要でした。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-8]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター